昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ゴッちゃんは19年に攻防から引退

 それから数年が経ったいま、黒猫のケンちゃんは今でも美術館への侵入を試みて警備員さんとの攻防を続けていますが、 地域猫だった茶トラのゴッちゃんは、19年5月に一連の騒動を見た里親さんに引き取られ、攻防からは引退。いまでは飼い主さんのお宅で幸せな日々を過ごしています。

普段は仲良しのひとりと2匹 尾道市立美術館のツイッターから
尾道市立美術館のツイッターから
尾道市立美術館のツイッターから

 そんな風に、日本だけでなく、世界中で注目を集めた尾道市立美術館の猫と警備員さんの長年にわたる攻防が、このたび『警備員さんと猫 尾道市立美術館の猫』としてコミカライズされました。今回はその一部を抜粋してお届けします。

©️にごたろ/KADOKAWA

 猫たちと警備員さん、それぞれの視点で見た、この数年間はいったいどんなものだったのでしょうか――。2匹の猫と優しい警備員さんの楽しい毎日を、写真と漫画でお楽しみください。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(32枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー