昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

   
週刊文春 電子版

〈ワタナベマホト逮捕〉その時、婚約者・元欅坂46今泉佑唯は「結局、1人で産むしかないのか」と…

事件報道の影響? マンションの審査に10軒以上落ちた

「ユーチューバー引退後の生活を考え、2人は都心の賃貸マンションを引き払い、郊外のマンションを探していたのですが、今回の事件のことが影響し10件以上審査に落ちた。今泉の名義を使っても駄目で困り切っている。ワタナベはこれまで散財していたため貯金も少なく、様々な支払いに追われているようです。違約金や前回の事件被害者への示談金、親のために建てた実家のローンもまだ残っている」(前出・UUUM関係者)

「文春オンライン」の取材に答える今泉(2019年) ©文藝春秋

一軒家を贈られて泣いて喜んだ両親

 渡辺容疑者は2018年、都営団地で暮らす両親のために、東京の郊外に一軒家を購入している。

「昔からヤンチャだったマホトは、10代の頃から警察に厄介になっている。マホトが思春期のときは親子ケンカもしょっちゅうで、彼の家のベランダから、投げつけられた魚が飛んでくるほど凄まじかった。

 その分、そんな息子に家を買って貰った両親は、親孝行を泣いて喜んでいた。今回の逮捕で家も手放すことになりそうですが、両親は『前のような生活には戻りたくない』と売らずに済む方法はないかと周囲に相談しているそうです」(地元住民)

渡辺容疑者が両親のために購入した東京郊外の家 ©文藝春秋

今泉は「私まで所属事務所から見捨てられそう」

 ユーチューバーも引退し、収入が激減した渡辺容疑者だが、今泉は今年夏に出産を控えている。

「父親となるマホトは、出産に立会うつもりだった。今泉は、今回の逮捕で『結局、1人で産むしかないのか』と落ち込んでいます。さらに、マホトと縁を切らなかったことから『私まで所属事務所から見捨てられそう。芸能活動を続けられるのかな……』と嘆いていました。

 実は、今泉はマホトの周囲から借金の返済を肩代わりすることまで求められている。自分で選んだ道だから仕方がないのですが、周囲には『つらい』と繰り返すようになり、精神的にも追い込まれています」(前出・今泉の友人)

 華やかな結婚・妊娠発表から一転、今回の逮捕でふたたび姿を消した渡辺容疑者。被害少女に誠実に対応して、表舞台に戻れる日はくるのだろうか。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(20枚)

メルマガで最新情報をお届け!

メールマガジン登録

source : Webオリジナル(特集班)

genre : エンタメ芸能社会

関連記事

×