昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

子どもへの性教育 「スカートめくりを愛情表現にさせない」 大人が引くべき“一線”とは

【マンガ】『おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方』より#1

深刻さを自覚しにくい時期だからこそ、しっかり伝えること

見落としがちな性的ないじめ 気づく、受けとめることができる大人に 
――遊びの形をとりつつ、実は深刻ないじめが 

 スカートめくりやズボン下ろし、お医者さんごっこやカンチョーなど昔もあったなぁとか、微笑ましいとさえ感じる人もいるかもしれませんが、これは性別に関係なく「性的ないじめ」、性暴力の1つです。子どもがその被害者や加害者にならないように、大人はそれを見落とすことなく、相手の人権を侵害し深刻な心の傷を与える可能性があることを伝えなければなりません。

©iStock.com

「ふざけていただけ」「○○ちゃん笑っていたよ」などと子どもが言ったとしても、性や性器は人権そのもの、大事にする必要があること。遊びの形をとりながら相手を攻撃したり馬鹿にするようなことを言ったり、したりすることは、人間として恥ずかしく、力のある人が力の弱い人をもてあそぶ卑怯なふるまい(行為)であることを丁寧に伝えましょう。深刻さをあまり自覚しにくい時期だからこそ、大人がしっかり伝えることが必要です。

【後編を読む】愛情を感じるのは「特別扱い」を受けるとき 自分と他者を大切にできる大人に成長する、性教育“2つのポイント”

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー