昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

寝転がった後尻や背中についた草を互いに…

「蓮音は、松尾龍(20)、和田優希(19)、中村浩大(20)らとジャニーズJr.の公式ユニット『Jr.SP(ジュニアスペシャル)』のメンバーとして活動しています。2009年、9歳の頃に兄の拓音(たくと)と共にジャニーズ事務所入り。小学生の頃から『かわいらしい』と人気があった。小柄でアクロバットが得意で、『Sexy Zone』や『King& Prince』のライブのバックダンサーをつとめています。

弟の林蓮音 公式HPより
兄の林拓音 公式HPより

 コロナ禍による自粛期間の時は、兄の拓音と共にジャニーズJr.公式エンタメサイトに『林兄弟ほのぼのクラブ』という動画を投稿しました。兄弟の仲睦まじいやりとりに『ほっこりする』『癒される』と、ファンから大きな反響があったようです」(アイドル誌ライター)

横浜の夜の街を散策する金川と林 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 そんな林と金川のデートも実にほっこりとしていた。駅近くのショッピングモール「横浜ワールドポーターズ」でウインドーショッピングを楽しむと、赤レンガ倉庫街を散策。その後、カップルばかりの海沿いの公園に移動すると、2人で芝生に寝転んだ。

 日が沈んだ後は夜景を鑑賞。横浜の定番デートコースを、神奈川が地元の林がエスコートしていた。寝転がった後に尻や背中についた草を互いに払ったり、体を寄せ合って夜景をバックにスマホで自撮りをするなど、微笑ましいデートの光景だった。

公園の土手で夜景を眺める金川と林 ©文藝春秋 撮影・細尾直人
尻や背中についた草を互いに払う ©文藝春秋 撮影・細尾直人
2人で寝転んで星空を眺める ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 午後8時に“時短営業”のために街の飲食店が閉店してしまったが、それから約1時間、夜の横浜の街を散策。21時になると、2人は横浜駅へ。金川は改札口を通って電車に乗って帰途に就いた。別れ際、林は金川の姿が見えなくなるまで手を振り、彼女を見送っていた。

駅へと向かう金川と林 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 2人の関係について、金川と林の所属事務所にそれぞれ確認したが、期日までに回答は得られなかった。

 3月26日(金)21時放送の「文春オンラインTV」では、本件記事について担当記者が詳しく解説する。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(26枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z