昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【4月9日から】“魅力的な登場人物の描き方は?”“史実と創作の割合”… 作家志望者必見!『オール讀物』歴史時代小説書き方講座開催

source : オール讀物

genre : エンタメ, 読書, 歴史

「オール讀物新人賞」は、第1回の南條範夫さんにはじまり、藤沢周平さん、宮部みゆきさん、宇江佐真理さん、乙川優三郎さん、山本一力さん、門井慶喜さんら素晴らしい歴史時代小説の書き手を連綿と輩出してきました。そして101回目を迎えた本年度の「オール讀物新人賞」は、歴史時代小説の短編の賞へとリニューアルし、本気でプロを目指す方を発掘したいと考えています。

 一口に「歴史時代小説」といっても、さまざまな時代や地域があり、自由で大胆な架空設定も可能です。ただし小説を書くうえで、「どのように資料を扱えばいいのか?」「魅力的な登場人物の描き方は?」「史実と創作ベースの割合はどのようにすれば?」などの課題に悩んでいる方も多いでしょう。

安部龍太郎さん

 そこで初の試みとして「オール讀物新人賞」の選考委員である、安部龍太郎さん、畠中恵さん、門井慶喜さんのお三方に、歴史時代小説の書き方を講義いただく機会を設けました。いずれも人気の実作者自らが、修業時代のお話から現在の創作方法にいたるまでを、オンラインでじっくりお話しくださいます。全講義アーカイブもご用意しており、講義の後から何度でも視聴することができます。

畠中恵さん

「歴史小説の史料はどうやって探すのか」「主人公を描く上で工夫していること」「話の展開に重要なポイントは何か」など、これから小説家を志す皆さんや、新人賞への応募を考えている皆さまに向けた内容となっています。

 この講座は4月9日~11日まで3日間連続講義となっており、1日もしくは2日のみでもご受講可能ですが(各回4,400円)、3日通しでお申込みいただいた方がお得です(3回通し11,000円)。

門井慶喜さん

日時:
①    2021年4月9日(金)~ 11日(日) 19:00-21:00(予定)  
安部龍太郎さん、畠中恵さん、門井慶喜さん3人全員の
講義をお聞きになりたい方
https://bunshun-allyomimono04.peatix.com/

②    2021年4月9日 (金)19:00-21:00(予定) 
安部龍太郎さんの講義だけお聞きになりたい方はこちら
https://bunshun-allyomimono01.peatix.com/
  
③    2021年4月10日(土)19:00-21:00(予定)   
畠中恵さんの講義だけお聞きになりたい方
https://bunshun-allyomimono02.peatix.com/

④    2021年4月11日(日)19:00-21:00(予定)  
門井慶喜さんの講義だけお聞きになりたい方
https://bunshun-allyomimono03.peatix.com/
  
 それぞれライブ視聴では質問も受け付けており、お時間の合わない方はアーカイブのみの視聴も可能です。作家志望の皆さまはもちろん、愛読者の皆さまにも楽しんでいただける機会になればと思っています!皆さまのお申し込みをお待ちしています。

主催:文藝春秋
問合せ :ooru@bunshun.co.jp

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

オール讀物をフォロー