昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/13

成績を残して知名度が上がったら被害が増えた

――他の選手も似たような被害を受けているのでしょうか?

ハナ SNSを見ていたら、「この人の被害はたぶんひどいだろうな」っていう選手、いますね。出されている写真の数が圧倒的に多いとか。

カオル ほぼ裸のように、加工されている画像も結構見ますね。

――そういう被害は、トップ選手が多いんですか?

2人 そうでもありません。

ハナ 性的なハラスメントをする方は、SNSで陸上してる人を探して、自分の好みの子を写真加工したりとかする場合が多いです。だから、中高生でもユニフォーム姿の写真を載せていれば、被害に遭っていることもあります。

©️iStock.com ※写真はイメージです

――今は、高校生でもツイッターをやっている選手が多いですから、軽はずみに載せた写真を悪用される場合もあるということですね。カオルさんは、全国大会で成績を残すようになって、被害が増えたんですよね。

カオル 高校の時は、部活でSNSが禁止されていたので、アカウントにカギをかけて登録していたんです。その後、大学に入って、カギを取ってやり始めて。少しずつ成績が良くなって、名前が出るようになってから、そういう被害が増えてきた感じです。被害を見たことはあったけど、まさか自分がそうされる側になるとは思わなかったですし、直接写真を送ってくる人もいることに驚いて……。成績を残して知名度が上がったのはうれしいけど、そういう目で見る人も増えていくんだって、なんか複雑な気持ちでした。

――どう対応したらいいか、分からなかったのでは。

カオル そうですね。誰に言っていいのかも分からないし、デリケートな部分だから、友達にも相談できませんでした。自分で対処といっても、DMを消したり、ブロックするくらいしかできなかったんですけど。

ハナ 私は放置してました。地元が田舎だから、高校まではそういう被害がおそらく少なかったんですよね。やっぱり関東辺りの選手の方が被害も多いです。でも大学に入って、全く試合に出てないような後輩の、高校生の時の写真が出回っていたのを見て、自分に来てもおかしくないな……とは感じていました。ブロックをしても、他のアカウントを作って復活してしまうので、ミュートにして無視していました。さすがに体液をかけられている画像を見るのは、ちょっと落ち込むというか、「気持ち悪い!」ってなりましたけど。「こんなの公に出すことじゃないでしょ?」と思いました。