文春オンライン
「イジメのことを今どう思っているのか、婚約内定の後で伝えたんです」小室圭さん“イジメ被害”の同級生が初告白した「消えない記憶」

「イジメのことを今どう思っているのか、婚約内定の後で伝えたんです」小室圭さん“イジメ被害”の同級生が初告白した「消えない記憶」

小室圭さん国立音大附属小イジメの真相 #2

genre : ニュース, 社会

 すると、彼は急にかしこまったようなメッセージを送ってきた。『Aのご両親にも色々とご迷惑をおかけして申し訳ない。呉々もよろしくお伝え願います。父が亡くなった時にAが手紙をくれたり、お父さんが野球に連れて行ってくださったり、お母さんはうちの母の心を支えて下さったり…今でも感謝してる。Aのお母さんのお心遣いありがたいのだけれども、そっと見守ってくれるととてもありがたいな』と返してきた。

 それで僕はもう単刀直入に、イジメのことを今どう思っているのか、それを伝えたんです。でも、以降のメッセージはとたんに既読スルー。やりとりは途切れてしまいました」

結婚延期発表の直後、Aさんが小室さんと交わしたメッセージ(2018年3月)
結婚延期発表の直後、Aさんが小室さんと交わしたメッセージ(2018年3月)

 イジメが精神的に及ぼした影響は今でも消えず、大学時代にはカウンセリングに通ったというAさん。医師からは「幼少期の経験が原因の可能性が高い」と診断されたという。

ADVERTISEMENT

同級生B氏も小室氏と共にイジメを認めた

 Aさんへのイジメに対して、小室氏の代理人弁護士を通じて事実確認を申し込んだが、期日内に回答は得られなかった。

 取材班は音小の同級生や保護者数人に話を聞いたが、大半はAさんへのイジメがあったことを認めた。小室氏と共にイジメに加わった同級生のB氏はイジメを認め、当時をこう振り返った。

「当時は男子も少なく、イジメはAだけでなく、順繰りに回っていました。Aの気持ちもわかりますが、Aも別の子に対して加担していたこともあります。みんな“イジリ”のつもりでした。Aに対しては、こむっちは主犯ではなく、なんとなく空気に飲まれた感じです。ただ、彼はここまで有名になってしまったし、後ろめたいことは全て清算すべきだと言われても仕方がない思います。

 実は、こむっちとは昨年アメリカに行く前に会ったんです。音小の仲間4~5人でした。そのときは彼にもSPが付いていた。すでに借金問題の報道が出ていましたが、眞子さまとの結婚に対する強い意志は感じ取れました。『眞子さまとは横浜の山下公園などでデートをした』とか話していましたね」

婚約内定記者会見での眞子さまと小室圭さん(2017年9月)©JMPA

 音小の卒業アルバムに「仲間」というテーマで書かれた寄せ書きに小室氏はこう綴っている。“See you in 音小”――。

 Aさんの小室氏への思いは堰を切ったように溢れ出し、3時間近く止まらなかった。彼の積年の思いを打ち明けたAさんのインタビューは、小室氏に届くのだろうか。

#3「インタビュー一問一答編」を読む

その他の写真はこちらよりぜひご覧ください。

「イジメのことを今どう思っているのか、婚約内定の後で伝えたんです」小室圭さん“イジメ被害”の同級生が初告白した「消えない記憶」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事