昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「着信履歴があっちゃんだけになりそうなくらい…」 “離婚発表“前田敦子のタレント性を作った“男遍歴”

 4月23日、俳優の前田敦子と勝地涼が離婚を発表した。

「今年1月30日には一部で離婚協議中と報じられましたが、本格的な協議に入る前に勝地さんは離婚の意思をもう固めていました。結婚から2年を超え、日に日に増していく前田さんの不安定ぶりにとうとう音を上げてしまったようです」(芸能事務所関係者)

©文藝春秋

楽屋に閉じこもって出て来ない事も…

 AKB48“不動のセンター”として活躍し、正に国民的アイドルだった前田。在籍中は人気絶頂の日々を送っていた。しかしながら多忙が影響していたのか、当時から感情的になる場面がよく見られたという。アイドル時代の前田をよく知る元AKS関係者が語る。

「現場マネージャーと冷静なコミュニケーションがとれない、なんていうのはザラでした。不安定な時期は、楽屋に閉じこもってうずくまったまま出て来ない事も。荒れている時は、食べ物をスタッフに投げ付けたりしていましたね」(元AKS関係者)

 グループ初期からAKB48をセンターとして牽引してきた身には、想像を絶するプレッシャーが掛かっていたのだろう。ただ、そんな前田も当初から激情家だった訳ではないようだ。

「14歳でAKB48に入り、純粋そのものという雰囲気の中学生でした。当時AKB48は明確に恋愛を禁止されていた訳でもなく、年長メンバーには当たり前のように恋人がいましたが、若くしてセンターに立った前田はしばらくの間アイドル性を“守って”いましたね」(同)

©文藝春秋

ドラマ共演者と恋に落ちた前田

 ところが、2008年にドラマ「太陽と海の教室」(フジテレビ系)で共演した山本裕典と恋に落ちることになる。

「周りの若いメンバーや後輩達も次々と恋愛を経験していく中で、高校生になった前田にも等身大の“焦り”があったのでしょう。当時イケメン俳優として人気だった山本との交際が始まった時は、仲のいいメンバー達と集まっては『人生で初めて、彼氏が出来ました~!』などと嬉しそうに報告していたそうです」(同)