昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/05

genre : ニュース, 社会

優雅さと静けさの表現が際立つ、佳子さまの手話

 秋篠宮ご一家の手話の所作について、手話通訳のベテランに聞いたことがある。

「紀子さまは研究熱心さが現れる所作で、基本をおさえたうえで、喜怒哀楽を表現しようという情感たっぷりな手話。眞子さまはストレートに感情を伝えるしぐさが目立つけれど、持ち前のちゃめっ気が時折顔をのぞかせる、チャーミングな手話です」

 佳子さまは、というと、「メリハリがあり、優雅さと静けさの表現が際立っている」のだという。やはりダンスをなさっているからか、指先をぴんと伸ばし、腕の動かし方がスムーズでダイナミックさもあると語った。昨年9月の「第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」にも手話あいさつの動画を寄せたが、5分半に及ぶパフォーマンスは貫禄を感じさせるような堂々たるものだった。ユーチューブで見られるのでぜひ見て欲しい。

「第7回高校生手話パフォーマンス甲子園」に、手話でビデオメッセージをお寄せになった佳子さま (SankeiNewshttps://youtu.be/8VG2v54DiNkより)

 

結婚しても「皇室を支えていく」という佳子さまの‟宣言か

 宮内庁によると、佳子さまは2021年2月末から全日本ろうあ連盟でインターンをつとめ、2カ月がたち、正式に仕事をすることになった。週3回の勤務だが、新型コロナがおさまるまでは宮邸でテレワーク業務をする。5月6日から2022年3月末までの契約で、更新もできるという。

 佳子さまは2019年に国際基督教大学を卒業後、就職はなさらなかった。また、コロナ禍で公務もオンライン中心だったため、世間で話題にされることも減っていた。今回、再び注目を集めることになったが、ある宮内庁職員は「今回のろうあ連盟への就職は、いつか結婚しても関連する公務を続けることで皇室を支えていくという、佳子さまの“宣言”だったのではと、宮内庁内ではささやかれています」と話した。