昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

話題になっていた“匂わせ”投稿

 今回、交際が明らかになった花村と渡辺だが、ファンの間では「この2人がつきあっているのでは」という噂が以前から囁かれていた。

「色違いの洋服をお互いSNSにアップしていたり、花村らしき男性の姿が写りこんだ写真を渡辺がインスタグラムにアップしたり、以前から“匂わせ"が続いていました。2人で街中を堂々と歩いている姿もたびたび目撃されており、ネットで拡散したことも1度や2度ではありません。

 2人には隠すという意識があまりないのかも知れません。花村が所属するエイベックスも2人の交際を把握していて、公にこそしていませんが“公認”のカップルなんです」(事務所関係者)

NMB48のデビューシングル「絶滅黒髪少女」 前列センターが渡辺美優紀

車のナンバーは渡辺の誕生日

 さて、冒頭シーンの続きである。渋谷区のマンションを出発した2人が向かった先はJR恵比寿駅だった。駅前で車を停め、マスクをしないまま車を降りた渡辺。恵比寿駅で待っていたのは、渡辺がプロデュースするアイドルユニット「Ange et Folletta」のMinamiだった。

「Ange et Folletta」のMinami グループ公式サイトより

 Minamiと渡辺はすぐに互いを認めると、歩み寄って笑顔で挨拶をかわす。Minamiは手に持っていたスターバックスの紙袋を渡辺に渡すと車の後部座席に1人で乗り込み、渡辺は再び助手席へ。車内では、花村を含めた3人で談笑していた。

 花村が運転する車からも、2人が交際関係を隠す気がないことが伝わってくる。車のナンバーは渡辺の誕生日である9月19日と同じ「919」。そして車体には渡辺の愛犬の名前が書かれたステッカーも貼られている。

恵比寿駅で合流した渡辺美優紀(右)とMinami ©文藝春秋/撮影・細尾直人
恵比寿駅で合流した渡辺美優紀(右)とMinami ©文藝春秋/撮影・細尾直人

 恵比寿駅を出てさらに車を走らせること15分。目的地はお台場だった。湾岸スタジオの裏手の路上に車を停め、広々とした公園の一角で360度カメラとスマホを使って撮影を始めた。

お台場の公園で渡辺美優紀の撮影をおどけた格好で見守る花村想太 ©文藝春秋/撮影・細尾直人

 花村は、渡辺のワイドパンツと同色の、薄ピンクのオーバーサイズジャケットを羽織っている。下はデニムに白いスニーカー、頭にはバケットハットを目深にかぶっている。表情こそ見えないものの穏やかな雰囲気で撮影の様子を近くで眺め、積極的に撮影用の荷物も持ち運んでいた。