昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/24

ライブ直前はガッサガサの声でも……

 最近の華原朋美の歌声を聴きたくて、彼女のYouTubeチャンネルで3月31日にアップされた「ディナーショー ダイジェスト版公開」を見た。ところが、ライブ直前の楽屋裏トークが、ガッサガサのカスレ声でヒヤヒヤ。だだだ大丈夫なの朋ちゃん? 

 それでも歌い出すと、やっぱり驚くほど滑舌のよい艶やかな歌声なのである。トーク時点では絶対歌えなさそうな「save your dream」の「高くぅー↑」の超高音もビブラート入りで出ていて、彼女の喉が不思議で不思議で手を止めて聴いてしまった。

【動画】歌い出すとやっぱり凄い……華原朋美「ディナーショー ダイジェスト版公開」
 

 やっぱり少しでも多く歌をアップしてほしい。小室プロデュース期以降の歌もどんどん歌ってほしい。

 2000年に生まれた人が成人式を迎えるこの時代、90年代後半のJPOPは「平成ナツメロ」。1996年はまだ生まれていなかったという若者たちは、サブスプリクションなどで、楽曲そのものをフラットに評価していく。恋愛暴露トークや「チャリンチャリーン!」というお金の話より、彼女の歌声をただただ、ニュートラルに聴きたい人は多いと思うのである。

 私は今、「Blue Sky」(アルバム『One Fine Day』収録)がお気に入りだ。シンプルなやさしい言葉が粒で降ってくる感じがして、とても励まされている。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー