昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/24

みんなTが打てば勝てると信じている

 誰に対しても優しく、穏やかで、身体つきには似合わない癒し系の本名、岡田貴弘くん。

 これまでは「Tが引っ張らなオリックスは強くならへんのや!」て多くの解説者に言われてきたけど、今年はチームのムードを変えてくれる若手が出てきたことによって、ベテランのTが気持ち的に楽になったんやと思う。あの新幹線の改札口で話して僕はそう思いました。

 2014年の時のように糸井嘉男や金子千尋はいないけど、山本由伸や宮城大弥、宗佑磨、紅林弘太郎が出て来てくれて、それにつられて刺激を受けるT-岡田がいる。鬼の形相してチームを率いるT-岡田もええかも知れへんけど、いつも優しい柔和な表情のT-岡田が僕は好きかもしれません。穏やかなTが表情とは裏腹に豪快に快音を響かしてくれる方が相手は怖いんとちゃうかなあ。若手が活躍すればするほど、影響されて、好循環になってT-岡田も活躍する。そんな姿が今年は想像できる。

 みんなT-岡田が好きやから。みんなTが打てば勝てると信じているから。シーズン半分も終わってない中で「優勝や!」「阪神と関西ダービーの日本シリーズや!」て大声で言いたいけれど……ここはまだ我慢して「神様、お願い。96年のオリックス優勝はイチローさんのタイムリーツーベースやったけど、2021年の優勝を決める一本はT-岡田でお願いします!」これだけはわがまま言いたい!

 さあ、オリファンの皆さん、これからが勝負!

 オリファンにしかわからない喜びがある。その喜びがMAXになる様にファンこそ気を引き締めてオリを愛しましょう! 疑わずに進みましょう!

 今夏も逞しき猛牛軍団が蒼き波に乗っていきます!!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/46105 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー
z