文春オンライン

上沼恵美子独占手記「人生でいちばん傷ついた出来事でした」 M-1炎上騒動、「えみちゃんねる」終了の全真相

note

人生でいちばん傷ついた出来事

「実家は大阪城」「琵琶湖は次男に生前贈与した」「通天閣はうちの物干し台」。30年近く出演したNHKの「バラエティー生活笑百科」で散々ホラを吹いてきましたが、「ホラは吹けども嘘はつかない」が私の信条です。

 昨年、その禁を破ってしまいました。25年間続いた「怪傑えみちゃんねる」(関西テレビ)が7月に終了した時のことです。

 本来なら改編期の9月で終わるところ2カ月前倒しで番組が終了したこと、最終回できちんと私の口から挨拶しなかったことで、様々な噂が飛び交いました。

ADVERTISEMENT

 番組終了について、ラジオで〈関西テレビさんには感謝している。足を向けて眠れません〉と説明しましたけど……ウソです、大ウソです。足を向けて寝っぱなしです(笑)。

 はっきりいって人生でいちばん傷ついた出来事でした。傷つけられて、傷つけられて、傷口に粗塩をすり込まれて……。関西テレビは主人の古巣なので、あまり言いたくないですが、本当にショックでした。「えみちゃんねる」は25年間、魂を込めてきたライフワークだったのに、「こんな終わり方をするのか」って。いきなり緞帳を足の上にドーンと落とされた感じです。

 番組終了の原因について今さら蒸し返しませんが、「人間って本当に恐ろしい生き物やな」と改めて痛感させられた。人を恨んだらあかんと頭では分かっていますが、いまでもやっぱり悔しいですね。

海原千里・万里時代

 コロナで鬱屈したところへ生きがいだった「えみちゃんねる」が終わり、マスコミのバッシング……。

 私の中で魂の火が消えていくのが分かりました。このままでは精神的にもたない。全番組を降板し、ハワイで余生を楽しく過ごそうと決断しました。しかし「ちょっと待て。今は辞めるタイミングと違う」と心の声が聞こえてきたのです。

 上沼恵美子さんが50年の芸能人生を語り尽くした「独占手記 上沼恵美子『芸能界を引退しようと思った』」の全文は、「文藝春秋」2021年8月号と「文藝春秋 電子版」でお読みいただけます。

文藝春秋

この記事の全文は「文藝春秋 電子版」で購読できます
独占手記「芸能界を引退しようと思った」
今なら、誰でも初月298円
上沼恵美子独占手記「人生でいちばん傷ついた出来事でした」 M-1炎上騒動、「えみちゃんねる」終了の全真相

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー