昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ライフ, グルメ

スタバマニアが選ぶ3位から1位

3位「大阪 めっちゃ くだもん クリーム フラペチーノ」

 戦後、大阪で生まれ、大阪の方々に愛されている「ミックスジュース」を使ったフラペチーノです。バナナやりんご、桃、オレンジなどのフルーツが入ったミックスジュースに、マンゴーやパッションフルーツなどの味わいをブレンドした一杯です。

「大阪 めっちゃ くだもん クリーム フラペチーノ」

  仕上げにマンゴーソースとチョコレートソースがホイップクリームの上にかけられていて、まるで「チョコバナナ」のような懐かしい味が感じられます。

 おすすめのカスタマイズは、通常のミルクよりもまろやかな口当たりが特徴の「アーモンドミルク」への変更。このミルクに変更すると、バナナを食べている時に感じられる「まろやかな美味しさ」が口いっぱいに広がり、さらに贅沢な味わいが楽しめます。

2位「宮城 だっちゃ ずんだ抹茶 フラペチーノ」

 宮城県で親しまれている「ずんだ」と抹茶を組み合わせ、「和風スイーツ」のような味わいが楽しめるフラペチーノ。宮城県らしい味わいを取り入れながら、緑豊かな魅力を表現している一杯です。

「宮城 だっちゃ ずんだ抹茶 フラペチーノ」

 飲んでみると、ずんだが持つ枝豆の味わいと、ホワイトチョコレート風味の味わい、抹茶のほろ苦さが口の中で上品に絡み合います。すりつぶした枝豆の食感も特徴的です。

  ホイップクリームの上の「ずんだ抹茶ソース」は、ホイップと一緒に食べることで「ずんだ抹茶アイス」のような和風スイーツ感が楽しめます。

 おすすめのカスタマイズは、もともと入っているホワイトモカシロップを半分の量に減らすこと。ホワイトチョコレート風味の甘みを抑えることで、ずんだの味わいと抹茶のほろ苦さが一層引き立ちます。程良い甘味を楽しみながら素材の味も堪能できる注文方法です。

1位「新潟 ばっかいい 柿の種 チョコレート フラペチーノ」

  新潟と言えばお米が有名ですが、このフラペチーノはそんな米から作られるお菓子「柿の種」をトッピングしたフラペチーノです。チョコレートの味わいを存分に楽しめるチョコレート風味をベースに、チョコレートチップや砕いた柿の種を加えてあります。

「新潟 ばっかいい 柿の種 チョコレート フラペチーノ」

 一見すると相性が良くないように思える素材同士のコンビネーションですが、いざ飲んでみるとチョコレートのビターな甘みと、柿の種がもつ「お醤油の味と塩気」が絶妙にマッチしています。

 ドリンクの中とホイップの上にトッピングされた柿の種のカリカリ食感も楽しく、最後まで飽きない美味しさが存分に詰まっています。

 おすすめのカスタマイズは、ホイップクリームの原料として使われる「ブレべミルク」への変更。通常のミルクよりも濃厚な口当たりと、生チョコのようなクリーミーな美味しさが楽しめます。

スタバマニアが選ぶTOP10

 47種類のJIMOTOフレーバーが楽しめる今回の企画は、2021年8月3日まで。人気のフレーバーは終了日を待たずして完売してしまう可能性もあるため、早めに飲んでおきたいですね。

 ほかにも、様々な地域から魅力的で個性的なご当地フラペチーノが登場しています。詳細は公式サイトをご確認ください。

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー