昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『ニコラ』時代は差し歯もせずニカッと笑って… 33歳になった“ガッキー”新垣結衣の「進化する愛され力」――2021上半期BEST5

6月11日は女優・新垣結衣の誕生日

2021/09/02

2021年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。女性芸能人部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年6月11日)。

*  *  *

 女優の新垣結衣が、きょう6月11日、33歳の誕生日を迎えた。先月19日には俳優・ミュージシャンの星野源との結婚を発表し、話題をさらった。オフィシャルファンクラブのサイトではこのとき、結婚とあわせ、所属事務所・レプロエンタテインメントとの専属契約を終了し、今後は個人で活動していくことも彼女自ら報告している。

 今年は新垣にとって、2001年にファッション誌『ニコラ』のモデルオーディションでグランプリを受賞し、芸能界入りして20周年の節目でもある。事務所からの独立を報告するなかでも、《熟慮の末、お仕事を始めてからちょうど20年という節目に皆様にご報告する運びとなり、なんだかまるで二度目の成人を迎えたような、未知への不安と希望が入り混じったような当時の気持ちが蘇り、不思議な巡り合わせを感じております》と、心機一転の決意をうかがわせた(※1)。

新垣結衣 ©共同通信社

「あんなに可愛いのに、普通の人を自然に演じられる」女優

 モデルの仕事と並行して、俳優業を始めたのは2005年。翌年にはグリコポッキーのCMで一躍ブレイクを果たす。そこで見せた笑顔は「ガッキースマイル」と呼ばれ、いまでも彼女のチャームポイントとなっている。親しみやすい笑顔には、ちょっとしたエピソードがある。人より遅れて乳歯が抜けた彼女は、『ニコラ』時代の初期には、差し歯もせずに、歯がパカッと空いている状態でニカッと笑っていた。本人はカッコ悪いと思っていたが、当時の同誌編集長は「それがいい」と言ってくれたという(※2)。

ガッキーが表紙を飾った『二コラ』(新潮社)2004年6月号

 出演作品では、笑顔だけでなく一つひとつの表情が印象に残る。それはモデルの仕事で培われた部分も大きいのだろう。しかもどの表情も嘘っぽくなく、自然である。《新垣さんはあんなにキラキラしていて可愛いのに、普通の人を自然に表現できる。ちょっとした目線ひとつとっても的確で、細かい芝居がとても上手い》とは、脚本家・野木亜紀子の評だ(※3)。

 野木は、新垣が星野と初めて共演した『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)のほか、『空飛ぶ広報室』(2013年)、『獣になれない私たち』(2018年)と彼女の主演ドラマを手がけてきた。新垣にとっても《野木さんの脚本で演じる時は、役の気持ちをどうやって運んでいったらいいのかを悩んだことがない》と語るほど、野木作品は役に入り込みやすいらしい(※4)。