昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《暴行動画流出》“10代の聖地”歌舞伎町トー横で15歳少年が60代男性に傷害「少年は芸能界を目指して上京したばかり」

genre : ニュース, 社会

「なーに80代と10代が喧嘩しちゃってんの!」

「●●! やりすぎ!」

 少年少女のこうした声が入った30秒程度の動画が、6月下旬以降ネットで一気に拡散した。動画内では、鮮やかな紫色に髪を染めた少年が、ホームレスの男性と路上で寝転がりながら絡み合った後で、頭や顔を何回も踏みつけている。男性は顔を腕で隠しながらも後頭部から流血しているように見える。

SNSで拡散された暴行動画

 男性はかすれたような声で「ちょっと、警察呼んで」と助けを求めた。

歌舞伎町が10代の少年少女の“聖地”に

 この動画が撮影されたのは新宿・歌舞伎町。かつてはホスト文化の中心地であり、闇カジノ店やぼったくり店も散在する。8月末現在、緊急事態宣言が出て久しいが、酒類を提供している飲食店も少なくない。そんな日本一の繁華街がいま、10代の少年少女の“聖地”となりつつあるようだ。そのランドマークのひとつが新宿東宝ビルだ。

新宿東宝ビル東側 撮影/上田康太郎 ©文藝春秋

 新宿駅周辺在住の30代男性が語る。

「私達が若い頃は『コマ劇』と呼ばれた新宿コマ劇場が待ち合わせ場所の定番でした。猥雑な店に囲まれ、ガラの悪い人たちが集まっていた。いろんな人と知り合えて楽しかった。その名残りで、ずっと近くに住んでいます。

 老朽化したコマ劇は壊されましたが、跡地に建てられた新宿東宝ビルの周辺が『トー横』と呼ばれて、その役割を引き継いでいます。緊急事態宣言下でもほぼ24時間、ホストやキャッチのほかに、明らかに未成年の少年少女が缶チューハイなどを手にたむろっています」

新宿東宝ビル西側広場 撮影/上田康太郎 ©文藝春秋

アパホテルから10代が相次いで飛び降り

 ツイッターなどのSNSと相まって、地方から上京してきた少年少女の友人作りの場にもなっている。しかし犯罪の温床となっているほか、社会問題が先鋭化した場所としても近年世間を騒がしている。

「5月、トー横と同じ歌舞伎町1丁目の『アパホテル新宿歌舞伎町タワー』から18歳の男子専門学校生と、14歳の女子中学生が飛び降りて死亡しました。2人はトー横で出会って付き合っていたようです。ツイッターに直前まで投稿していたこともあり話題になりました。他にも10代の飛び降りが相次いでいます」(社会部事件担当記者)