昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/09/15

source : 文春コミック

genre : エンタメ, 読書, 歴史

池田屋を舞台に因縁の対決

 薬屋に扮して池田屋に潜入していた山崎は、旧知の大高忠兵衛を見かける。忠兵衛の後をつけた山崎は、長州間者の大元締めである古高俊太郎の居場所を突き止める……。

 
 
 
 

 土方歳三の壮絶な拷問により、長州間者の大元締めである古高俊太郎がついに口を割った。「御所の四方に火を放ち、天皇を長州に連れ去る」長州藩が仕組んだ驚愕のクーデター計画が発覚した。

 
 

 古高俊太郎が口を割ったことで、長州浪士がクーデター計画の下相談を池田屋で行うことが判明する。一方、四国屋でも浪士の不穏な動きが……。近藤は二隊に分かれて出動することに決める。

 

 近藤隊は池田屋へ、土方隊は四国屋に出陣することになった。近藤は会津藩兵を待つが、いつまでたっても姿を現さない。しびれを切らした近藤は、新選組単独で討ち入りすることを決意する。「御用のすじがあってあらためる!」

 

 大高と相対する山崎。池田屋を舞台に赤穂浪士の曾孫同士、因縁の決闘が始まった。

 

 続きは、『新選組血風録(三)』(作画・森秀樹)でお楽しみください。「池田屋異聞」の他に、奥州出身の隊士・鹿内薫が京女と出会ったことで運命を狂わしていく「胡沙笛を吹く武士」、新選組内の抗争を取調役・篠原泰之進の視点からスケッチした「油小路の決闘」の3編を収録しています。

新選組血風録(三)

司馬 遼太郎 ,森 秀樹

文藝春秋

2021年9月15日 発売

 

新選組血風録(二) (文春時代コミックス)

司馬 遼太郎 ,森 秀樹

文藝春秋

2021年8月25日 発売

 

新選組血風録(一) (文春時代コミックス)

司馬 遼太郎 ,森 秀樹

文藝春秋

2021年7月27日 発売

この記事の写真(19枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春コミックをフォロー