文春オンライン

三頭身キャラクターたちと顔の判別できない遺体…南の珊瑚礁の島でおこった“あまりにリアルすぎる死闘”

 特徴の一つは、三頭身のやわらかい印象のキャラクターたちと、顔の判別できない遺体や飢えとケガに苦しむ描写といった、壮絶な戦闘のギャップ。作者である武田一義氏は、「逆に絵柄がリアルだと手加減した描写になる。それは本意ではなく、起こっている残酷なことはリアルに描きたかった」(朝日新聞インタビューより)と語る。

『ペリリュー 楽園のゲルニカ』(白泉社)第1話より

戦争終結に気づきながら、やめられない戦闘

 物語終盤、主人公たちは戦争が終わっているのにうすうす気付いているのに、戦いをやめたくてもやめられないという状況が続く。動き始めた歯車がおかしいと気づきながら、歯止めがきかない日々……。それは決して、過去のことではない。

 その意味でも、戦った人々はあくまで“ごく普通の人たち”だった。死闘を描いた「ペリリュー 楽園のゲルニカ」について、その第1話をここに公開する。

ADVERTISEMENT

参考文献:朝日新聞デジタル「悲惨さは、デフォルメしない マンガ『ペリリュー』完結」2021年8月14日配信

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 1 (ヤングアニマルコミックス)

武田一義 ,平塚柾緒(太平洋戦争研究会)

白泉社

2016年7月29日 発売

三頭身キャラクターたちと顔の判別できない遺体…南の珊瑚礁の島でおこった“あまりにリアルすぎる死闘”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
プロマンガ家募集!私たちと新たな作品を生み出してみませんか?応募はこちら

関連記事