昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

バレーボール元全日本・佐藤あり紗が語る楽天愛と、辰己涼介、岡島豪郎のこと

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/09/20

 みなさん初めまして! リガーレ仙台で選手兼監督をしている、佐藤あり紗です。リガーレ仙台は、Vリーグ参入を目指して創設された女子バレーボールチームです。今年で創設4年目、10月からVリーグに参戦いたします!

 リガーレはラテン語で「つなぐ」の意味。地域の皆さんに愛されるチームを目標に、そして私自身も地域の皆さんとチームを「つなぐ」架け橋のような存在になれれば、と活動しています。

©佐藤あり紗

リベロの私が試合中に注目しているポイント

 私は仙台出身ということもあり、東北楽天ゴールデンイーグルスが大好きで、家族でよく試合を観戦しに行っています。今年は20回ぐらい観戦したでしょうか?(笑)。今の状況だと歓声は出せませんが、打席に立つ選手のタオルを掲げたり、応援歌に合わせてノリノリで応援バットを叩いたりとコロナ禍でもプロ野球観戦はストレス解消にもってこいですよね!

 リガーレ仙台の練習に向かう車内でも、スタジアムで覚えた選手の登場曲を聞いて、よく気持ちを高めています。山崎剛選手が使っているBIGBANGの『SOBER』が特に最近のお気に入りの曲です!

 スタジアム観戦の目的は野球だけではありません(笑)。楽天生命パーク宮城の球場グルメはインスタ映えする商品もたくさんあって、そして何より美味しいのでついつい食べすぎてしまいます。その中でも最近は、ほやほや屋のほや丼と、メトロ倶楽部のコーヒーゼリーフロートが特にお気に入りです。皆さん、お気に入りがあれば是非おしえてくださいね。

©佐藤あり紗

 楽パで開催しているスタジアムイベントもやっぱり楽しすぎて、先週9月14日から開催中の東北ろっけんまつりは、青森ねぶたに秋田竿燈、仙台七夕と東北三大祭りをはじめとする東北のお祭りが楽パで見られて、お腹も東北ご当地グルメの数々で大満足……イベント期間中、3回も観戦させてもらって、ほんとにいつも楽しませてもらってます!

 でも、いざ試合がはじまると私もただ応援バットを叩いているだけでなく、本能的にアスリート目線で試合中の選手の動きを追ってしまいます。

 バレーボールでの私のポジションは、リベロという守備専門のポジション。バレーボールの守備と共通する部分が多いため、特に外野の選手の動きに注目して見ています。競技は違えどボールを追いかける姿勢やボールを捕った後の動き、そしてカバーリングの姿勢など、とても勉強になっています。