昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《安達祐実が40歳に》結婚、出産、離婚、濡れ場を熱演…『家なき子』のイメージから脱皮した“紆余曲折の俳優人生”

9月14日は安達祐実の誕生日

2021/09/14

 女優の安達祐実がきょう9月14日、40歳の誕生日を迎えた。2歳のときにベビーモデルとしてデビューして以来、芸歴はじつに38年を数える。9歳のとき、出演したカレーのCMで「具が大きい」のフレーズとともに子役として一躍人気を集めた。その後、小学6年で映画『REX 恐竜物語』(1993年)に主演したのに続き、中学入学後には主演ドラマ『家なき子』(1994年)が大ヒットし、劇中でのセリフ「同情するなら金をくれ」も流行語となる。

安達祐実 ©Getty

 最近では、容貌がいつまでも変わらないと若い女性たちから脚光を集め、一昨年に美容雑誌『VOCE』のYouTube公式アカウントで公開したセルフメイク動画の再生回数はすぐさま500万回を突破、Instagramの公式アカウントも100万フォロワーを超えている。昨年には女性ファッション誌『CanCam』6月号(小学館)の表紙モデルに同誌最年長の38歳で起用され、話題を呼んだ。

公開後、すぐさま500万回再生を突破したメイク動画 ©VOCEchannel

 

 もっとも、子役時代から現在のように再び注目されるまでには紆余曲折があった。まず、『家なき子』のイメージがあまりに強く、成人になってからもオファーされるのは同作のヒロインのような陰のある暗い役ばかりという時期が続いた。自分のやりたい役ができないことにストレスを感じ、体調を崩すこともしょっちゅうだったという(※1)。一方で、彼女自ら『家なき子』のイメージを意識して演じてしまうこともあり、その路線を維持したほうがいいのか? という葛藤もあったようだ。それでも20代のうちに最初の結婚と出産、さらに離婚とさまざまな人生経験を積み、以前より自分に自信を持てるようになったせいか、徐々に子役時代のイメージに引きずられなくなったとも語っている(※2)。