昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

てつやが贈った「大きなダイヤがついた婚約指輪」

「その日はちょうど峯岸が岡崎市に来ていたタイミングでした。てつやは結婚願望が強く、かねてから峯岸との“将来”を考えていた。そしてついに、かなり大きなダイヤがついた婚約指輪をプレゼントしたんです」(同前)

 てつやにとっては長年憧れ続けてきたアイドルへの一世一代のプロポーズだ。峯岸は婚約を快諾したという。いまや、峯岸とてつやの関係は「メンバー公認」だ。

「峯岸と東海オンエアメンバー全員での集合写真を撮影したこともありますよ。てつやはその写真をとても大切にしています」(同前)

てつや (東海オンエアのYouTube動画より)

 プロポーズ成功後、てつやは結婚生活に向けて着々と準備を進めているようだ。

「てつやは酒好きで飲み歩くことが多く、東京に来た時には六本木のクラブで飲むことも多かった。しかし婚約後からパッタリとなくなったようです。それだけてつやは本気なのでしょう」(同前)

“卒業バブル”に沸く峯岸の周囲「まだ結婚は早い」

 しかし一方で、AKB卒業後に仕事が上り調子の峯岸は結婚のタイミングについて悩んでいるところもあるという。

「みぃちゃんの周囲はまだ結婚は早いと止めています。いま仕事が増えてきたところだから『1年くらい待ったら』って……。今は卒業バブルでもあるので、事務所にとってももう少し稼いで欲しいというのが本音でしょうね。本人も入籍のタイミングについてはかなり悩んでいるようです。2人の温度感が違うところが少し心配ではあります……」(同前)

スペシャルドラマ「スロイジ・ドラマチックシアター」の主演ではウェディングドレス姿を披露 (公式YouTubeチャンネルより)

 とはいえ、峯岸もてつやとの結婚への想いはゆるぎないようだ。2021年7月14日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ)では、こう語っている。

「(AKB48を)卒業してみていよいよ何か、あぁ、いくらでもどうにでもなるんだって所にやっと立って。自己肯定感が低いというか、自分で自分を褒めたりとか、自分を認めてあげるっていう作業がめっちゃ苦手なんですよ。だから、常にこう近くにいて『素敵だよ』『カワイイよ』『一番だよ』って言ってくれる人と生涯共にできたらなっていう願望はあって」

 これらの事実関係を確認するため、岡崎市でてつやに直撃した。

直撃を受けるてつや ©文藝春秋

てつや「(咳払い)僕からはあまり」

―ーてつやさん、文春オンラインです

「あ、はい。こんにちは」

―すみません、お仕事前に

「あ、どうも。はい」

―峯岸さんの事でお伺いしたいのですが

「はぁ。はい。あんまり時間がないですが大丈夫ですか」

―峯岸さんと婚約されていますよね。2020年冬に大きなダイヤのついた指輪を渡してプロポーズされていると伺っています。

「(咳払い)僕からはあまり」

―出会いのきっかけはとしみつさんで、プロポーズの時には東海オンエアのメンバーもいらっしゃったと。

「僕からはあまり言えない……。あ、ちょうど良かった」

(近くに居たスタッフを呼ぶ)

―元々峯岸さんのファンだったと思うのですが、どう垣根を越え……

スタッフ「すいません、なんですか」

てつや「文春オンラインさんです」

スタッフ「すいません、今撮影が入っているので」

 そう言って、てつやはスタッフとともに足早にその場を去った。9月16日12時頃、事務所の送迎車を降り、仕事へ歩いて向かう峯岸に対し直撃をしたが、マネジャーが「すいません、今から打ち合わせなのでごめんなさい」などと制し、峯岸は顔を俯け無言のまま立ち去っていった。

 改めててつやと峯岸がそれぞれ所属する事務所へ事実確認をしたところ、それぞれの所属事務所から文書で回答があった。プロポーズの詳細などについては「事実ではありません」としながら、2人の関係についてはこうしている。

「いいお付き合いをさせていただいていると聞いております。プライベートのことですのであたたかく見守っていただけますと幸いです」(てつやの所属事務所)

「プライベートは基本、本人に任せておりますが、いいお付き合いをさせていただいていると聞いております」(峯岸の所属事務所)

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(29枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー