文春オンライン

世襲政治家は“親ガチャ”大当たり…河野太郎パパがとった「親バカすぎる行動」とは?《首相の座は親子三代の悲願》

2021/09/28

 9月25日の新聞のいくつかを見てみよう。

『デジタル庁、平井氏同席 接待3回、次官処分』(大分合同新聞)

『デジタル庁 接待で次官級処分 一部に平井氏同席』(西日本新聞)

ADVERTISEMENT

『デジタル庁 次官級を懲戒処分 平井担当相も接待同席』(京都新聞)

『デジ庁「答えられない」 携帯で幹部処分「透明」看板倒れ』(沖縄タイムス)

 発足から1カ月弱で不祥事が発覚したデジタル庁。幹部が事業者から3回にわたって計約12万円の接待を受け国家公務員倫理規程に違反していた。ご覧のように各紙は一面や政治面で大きく報じた。

平井卓也 ©JMPA

 では、平井卓也デジタル大臣の地元である香川県の「四国新聞」はどうだったか。地元紙だからさぞかし大きく報じたことだろう。ところが見つからない、あれ……?

平井卓也も「ファミリーガチャ」大当たり

 ようやく2面のいちばん下にあった。

「接待でデジ庁次官級処分」(9月25日)

 ベタ記事で小さくて目立たない。こっそりとした感じ。地元紙なのにこれは一体どういうことなのだろう。

 思い出した! 平井卓也先生にとって四国新聞はただの地元紙ではなかった。弟が四国新聞の社長を務めていて社主は母親。つまり平井一族のオーナー経営だったのである。親ガチャ、ファミリーガチャ大当たりがここにも。

 そういえば平井氏が東京五輪・パラリンピック向けアプリの請負先であるNECを「脅しておいた方がよい」と発言した音声が問題になったことがあった。

 あのときも四国新聞は小っちゃく伝え(6月5日)、むしろ「税金の無駄なくすための発言」という平井先生の言葉を見出しにしていた。そして今回の不祥事もベタ記事で処理。河野太郎に負けないくらいのファミリー企業のやさしさである。