昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

私、選ぶ男間違えた? クビ寸前のOLを拾ったのは高年収・高身長のクズ男だった

累計1600万PV突破!大反響の不倫マンガ『悪いのはあなたです』

2021/09/30

source : 文春コミック

genre : エンタメ, 読書

「小学生の頃は25歳くらいで結婚してると思ってた。年収や見た目じゃない、私の正しい目で選んだ人と。でも現実は……」

 派遣社員の主人公が、ちょっとしたきっかけから泥沼不倫に引きずり込まれるマンガ『悪いのはあなたです』(ふせでぃ)が累計1600万PVを突破した(9月27日時点)。

「文春オンライン」で連載中の本作は、最新話を更新する度に「絵柄と違ってストーリーがえげつない」「登場人物が全員ひどい」とコメントが寄せられている。

©文藝春秋

きっかけは会社での「クビ宣告」だった

 派遣社員の山本莉子(29)は、突然すぎる派遣切り宣告に遭いショックを受ける。家族のいる同僚たちがさほど慌てていないのに対し、独身で貯金も少ない莉子はさらに落胆。

「悪いのはあなたです」より ©文藝春秋

 その日の帰り、莉子は駅の階段でヒールを折ってしまい、転びそうに。階段下で咄嗟に受け止めてくれた男性は、容姿の整ったサラリーマンだった。思わず見惚れてしまう莉子。

「悪いのはあなたです」より ©文藝春秋

 謝ってその場を去ろうとすると、「すみません…僕のコーヒーが大変なことに…」と呼び止められる。見ると男性の持っていたコーヒーで莉子の服が汚れてしまっていた。

初対面の女性にデパートで服を一式買い揃える男性なんて…絶対に変!

「もしこの後お時間あったら…」と男性から誘われて付いていくと、男性はデパートで莉子に新品の服を一式、買い揃えてくれたのだった。

「悪いのはあなたです」より ©文藝春秋

「これってなんか危ないやつなんじゃ…」と怪しむ莉子は、「なんでそんな親切にしてくれるんですか? 変ですよ!!」と強めな口調で男性に訊く。

 すると男性は莉子の持っていたカバンに目をやり、「その絵の複製、僕の家にもあるんだ…クリムト好きのキレイなお嬢さんを汚してしまったから申し訳なくて…」と説明する。

「悪いのはあなたです」より ©文藝春秋

 莉子の持っていたカバンにはクリムトの絵がプリントされていた。男性はこの絵に反応して、莉子を気に入ったらしい。

 実はこのカバンは友人から貰っただけで、莉子はこの絵が誰の絵かも知らなかったのだが…ここはひとまず話を合わせておくことに。