昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1位指名は誰だ! 中日ドラゴンズ勝手にドラフト予想座談会

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/10/02

 ペナントレースも佳境ですが、10月11日のドラフト会議まで間も無くということで、「中日スポーツ」を始め、スポーツ新聞各紙でもドラフト関連の記事が増えてきました。ということで、昨年に引き続き、文春野球中日ドラゴンズでもアマ野球に精通した方々をお招きして、「ドラゴンズ勝手にドラフト予想座談会」を開催したいと思います。参加者はライターの加賀一輝さん、スポーツ報知ドラゴンズ担当の長尾隆広記者、そしてカルロス矢吹の3名です。あくまで夢想ドラフトですので、「こうなると良いね!」と微笑みを絶やさずにご笑覧いただけますと幸いです!

矢吹 というわけで、今年もよろしくお願いします!

加賀&長尾 よろしくお願いします!

矢吹 さて、昨年に引き続き、「この選手はドラゴンズに良いと思う!」という選手を挙げていただき、指名順位まで決めたいと思いますが、今年は少し勝手が違います。というのも、祖父江大輔、又吉克樹、ライデル・マルティネス、ダヤン・ビシエドの去就が未定であること。そしてそれ以上に監督人事もどうなるかわかりません。そのせいか、9月27日のスカウト会議でも1位指名を誰でいくかは決まらなかったようです。

長尾 スカウト会議後の取材を終え、スカウト陣は投手、フロントは即戦力野手、現場は投手野手問わず即戦力という印象が残りました。

加賀 ただ、中日の補強ポイントはハッキリしていて、打てる外野手、それと左投手ですかね。スカウト会議翌日の中日スポーツを見ると、1位候補は投手では小園健太(市和歌山)、森木大智(高知)、風間球打(ノースアジア大明桜)、佐藤隼輔(筑波大)の4名。野手なら正木智也(慶大)、ブライト健太(上武大)、鵜飼航丞(駒大)の3名が有力視されているみたいです。

矢吹 というわけで、昨年は3人で話し合いながら決めていきましたが、まずは個別に全員違う主張をしてみようと思います。CBC若狭敬一アナの記事によると、今年は6名程度を指名、その内1名は育成指名か? という感じなので、我々もそれに倣って1~5位までと、育成指名候補を1人選出します。それから話し合ってまとめていきましょう!

三者三様の指名候補、オープン!

矢吹 では、まず矢吹から。

【矢吹ドラフト】
1位 小園健太(市和歌山)
2位 鵜飼航丞(駒大)
3位 高木翔斗(県岐阜商)
4位 中村健人(トヨタ自動車)
5位 竹山日向(享栄高)
育成1位 村川凪(徳島インディゴソックス)

矢吹 まず、「今年は投手」というスカウト陣の意向に従って、最も評価されているっぽい小園を1位指名。ただし、大きいのを打てる外野手も必要なので、右の大砲候補を2位と4位で指名しました。後は石橋康太の競争相手として“打てる捕手”の呼び声が高い高木、最速150kmを越える素材型右腕の竹山、地元のホープ2人を3位と5位で。育成指名した村川は外野手、四国ILで今年40盗塁を記録した脚が武器の選手。高松渡の他に、もう1人韋駄天がいても面白いかなと思っての指名です。では、続いて加賀さんお願いします!

【加賀ドラフト】
1位 佐藤隼輔(筑波大)
2位 ブライト健太(上武大)
3位 前川右京(智弁学園)
4位 赤星優志(日本大)
5位 中川勇斗(京都国際)
育成1位 滝口琉偉(日大山形)

加賀 左投手、打てる野手、どちらも獲りに行きました。佐藤投手は上手くいけば単独入札出来るかな、と。ブライトは残って2位で指名できればな、という感じです。前川は長距離砲の左打者で、将来性抜群の高校生。赤星はいわゆる実戦派の右投手で、即戦力としても期待出来ます。中川は守備が良い高校生捕手ですね、来季は石橋や郡司がもっと1軍に出ると思うので、その下の世代の捕手を1人獲っておきたい。滝口は夏の甲子園でも良い投球をしていました、リリーフタイプの速球派右腕です。では最後に長尾さんお願いします!

【長尾ドラフト】
1位 ブライト健太(上武大)
2位 山下輝(法政大)
3位 久保田拓真(関西大)
4位 鵜飼航丞(駒大)
5位 寺嶋大希(愛工大名電)
育成1位 長谷川威展(金沢学院大)

長尾 上位3人野手、も考えたんですけど、やっぱり投手も要るだろうと。ブライトは走攻守揃っていて、率も残せる。来年開幕したときにバンテリンドームの外野を守っていることをイメージできるのはブライトかな、と。山下は大野雄大の次を担ってくれる左投手かと思います。久保田は捕手で、バッターとしても能力が高いので、外野も視野に入れつつの指名。鵜飼はロマン枠ですよね、当たれば飛ぶので。寺嶋は投げっぷりも良いし、地元ということも考慮しました。育成の長谷川は清水達也投手の推薦もあって決めました。花咲徳栄高校の同級生で一緒にやってるんですよね。左投手でサイド気味なんですけど140km後半出ます。ポスト福敬登を育てていくにはちょうど面白い投手かな、と思って指名しました。清水→長谷川の継投で勝利するのをバンテリンドームで観たいですね!

矢吹 ありがとうございます! では、ここから擦り合わせていきましょう。