昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「キスしたり、いちゃいちゃしただけ…」兵庫県の山中に“不倫相手の遺体”を捨てた35歳会社員「スピード逮捕の決め手となった“ドラレコ”の中身」

2021/11/01

genre : ニュース, 社会

 人けも無く、街灯もない。兵庫県加西市の山中、林の奥の荒れきった休耕田に、そこだけ草が生えていない一画があった。明らかに最近、人の手で掘り返されている。

「ここやないですか」

 10月26日昼、その場所に気付いた兵庫県警の捜査員が土を払う。出てきたのは、女性の遺体だった。地元記者が言う。

遺体発見現場となった兵庫県加西市の山中 ©共同通信

「遺体はその数日前から行方が分からなくなっていた34歳の梅本依里さん。遺体が見つかった場所から12キロほど離れた隣の姫路市に住む無職の女性でした。家族は無事を願っていたと思いますが、殺されて、埋められていたという最悪の結末です。遺体が見つかる2日前の24日夜には、知人の男が監禁容疑で逮捕されていましたが、この男が梅本さんを殺したとみられます」

関口羊佑容疑者 FNNプライムオンラインより

「知り合いの男の人と会ってくる」と自宅を出たが……

「知り合いの男の人と会ってくる」

 梅本さんが、母親にそう言って姫路市の住宅街にある自宅を出たのは23日午後2時頃だった。だが、夜になっても梅本さんは帰宅しなかった。外出後、しばらくあったLINEの「既読」もつかなくなっていた。電話もつながらない。不安を募らせた母親は、日付が変わった翌24日の明け方、近所の交番に「娘と連絡が取れない」と届け出た。

 事件の可能性を感じた兵庫県警が捜査を始めると、梅本さんが「会いに行く」と言った知人の男の身元はすぐに浮上した。同じ姫路市のマンションに住む会社員、関口羊佑(35)。過去にも何度か会っている相手であることもわかった。この日、梅本さんは自宅を出た10分後には、すぐ近くのスーパー駐車場で迎えに来た関口と合流し、その車に乗り込んでいたという。