昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ついに解散】なぜV6は「デビュー日=解散日」を選んだ? メンバー発言から見えた“大人のアイドル”の引き際

2021/11/01

 ついにV6が26年間の歴史に幕を下ろす。V6は1995年9月4日に結成され、同年11月1日にCDデビュー。バラエティー番組『学校へ行こう!』(TBS系)では全国の学生たちと触れ合い、お茶の間の人気者になった。

 そして2021年11月1日、千葉・幕張メッセで行われる「LIVE TOUR V6 groove」が最後の舞台となる。

 個々の活動もしながら、結成時から誰一人脱退することなく6人で駆け抜けた日々はどのようなものだったのだろうか。V6の歩みを報じてきた記事を再公開する。

(初出2021年3月14日、肩書き、年齢等は当時のまま)

 昨年デビュー25周年を迎えたV6が、今年の11月1日をもって解散することがわかった。この突然の発表を、ファンたちはどう受け止めたのか。1997年からV6を追い続け、過去には1つのツアーの全公演を見に行く“全ステ”をしたこともあるという、トニセン世代のいちファンが解散への思いを綴った。

◆ ◆ ◆

 2021年3月12日(金)15時36分。スマホに届いたメールには「ファンの皆様へのお知らせ」と書かれていた。約30分後、16時から“大切なお知らせ”があるらしい――。

 この時、23年以上V6のファンを続けている私の頭をよぎったのは、「結婚」と「解散」の2つだった。しかし、メンバーの中で結婚していない2人は現在、ともに舞台の真っ只中だ。三宅健さんは「藪原検校」の、坂本昌行さんは「OSLO」の公演中であり、プロ意識の高い2人から、このタイミングでの結婚発表はないだろう。そうなると「解散」しかないんだろうと察した。

ジャニーズ事務所 ©AFLO

メンバーが口にしていた「限界」という言葉

 2020年9月、NHKの「SONGS」にて岡田准一さんはこう言った。「抜けても頑張っている後輩くんたち沢山いるから発言は難しいけど、俺ら1人でも抜けたらV6はないってそれ(思い)が強い。みんなの幸せ願えるようになるじゃない? 年を重ねて10年とかじゃない、20年とかこえてくると」。この発言ゆえに、誰かひとりの脱退はない、ということが私の頭の中には大前提としてあった。

 また、25周年を迎えた2020年11月1日に行われた配信ライブのクオリティの高さは、長年V6のコンサートを見てきた私も唸るほどで、どこか“やり切った感”を感じるほどだった。実際、その裏側を撮影し、今年2月17日に発売されたBlu-rayの特典映像の中では、森田剛さんと岡田准一さんが「限界を感じた」と口にしていた。

 こうした記憶が頭の中を駆け巡り、ファンクラブでの発表の5分前には「解散なんだろう」という予感が、確信に変わっていた。

2020年9月に発売されたCDシングル「It's my life/ PINEAPPLE」(avex trax)

20周年ツアーの挨拶で……

 1995年9月4日にV6は結成され、同年11月1日にCDデビューした。バレーボールワールドカップのイメージキャラクターとして、試合前にコート内で歌い踊るアイドルグループとして彼らは誕生した。のちに20th Century(以下トニセン。坂本、長野、井ノ原)はラジオなどで「1年で終わると思ってた」という発言をたびたびしている。同じグループ内で、もう1つのComing Century(以下カミセン。森田、三宅、岡田)と2つに分かれているという珍しい構成のV6は、紆余曲折がありながらも10年、20年と歩んできた。

 そして2015年に行われた20周年のコンサートツアー最終日。リーダーの坂本昌行さんは本編最後の挨拶でこう紡いだ。