昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

今も月給10万円、貯金を切り崩す生活

 芸能界復帰後は、本人が社長の個人事務所から月給10万円だけを受け取っていると伝えられたが……。

「今も毎月10万円です」

 そう明かすのは、細川の父で、事務所の取締役でもある宜晃氏。

「雀の涙でね。マンションの共益費で5万、6万消えていくから。月1本仕事入ったとしても、それだけじゃ食えない。写真集のときに1000万か2000万円入ったから貯金して、それを取り崩して生活しています」

細川ふみえ

 ヘアヌード写真集は18年に電子版も発売された。

「1年ごとの契約なんだけど、延長、延長で。本当は出したくない。年間5万、10万しか入んないんだよ。でも食うに困ってるから」

細川は「CMでの露出が精一杯」

 宜晃氏に細川本人のインタビューを申し込んだが、「うっかり変なことを喋ってCMに迷惑をかけるといけないから」とNG。だがコメントを寄せてくれた。

――CM収録にあたって、美容面などの努力は?

「特にありません。毎月、1、2回以上エステサロンなどに通い、最低限の美容維持に努めています」

――宮崎美子さんのように熟女の水着姿が話題だが?

「CMでの露出が精一杯です。ファンの方々のご期待に沿える自信があればなりたいところですが、期待を裏切る結果になる可能性のほうが大きいと思われます」

「Let’s!グラビア」とは、いかないのであった。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー