昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/23

 現にこの「回顧」記事もひどい。怪文書みたいなこの内容を「分析」とせずに「回顧」とぼやかしたのはさすがに引け目があったのだろう。

なぜ君は偏向報道をするのか?

 あと本当に不思議なのは、四国新聞は地元紙としてのニーズに応えていないこと。

 今回、立憲民主党の代表選に泉健太氏が出馬しているが、地元の京都新聞は共同通信の原稿に加えいわゆる「地ダネ」でも泉氏出馬について書いている。地元選出だから当然だろう。

 しかし四国新聞は代表選に出馬している小川淳也氏についての「地ダネ」記事は一切無いのだ(11月22日現在)。これは学級新聞を書いている生徒が自分が気に入らない奴のことは取り上げないのに似ている。

平井卓也氏(中央) ©プチ鹿島

 ただ一方でこうも思う。四国新聞の記者だって最初は大きな志を抱いて入社したはずだ。ジャーナリストを目指したはずだ。それが今はどういう気持ちでこういう記事を書いているのだろう。いつかお話を聞いてみたい。

 最後に。四国新聞内部の方、もしくは退職した方に「なぜ四国新聞の記者はこういう記事を書かざるを得ないのか」という事情や具体例を教えていただきたいのです。

 さらに「商店街」の方にも情報を求めます。大島新監督は新作『香川1区』の取材のなかで、自民党を支持する理由はバリエーションに富んでいて「四国新聞と付き合いがあるという商店街の方もいました」とも語っている(朝日新聞デジタル11月11日)。

 四国新聞と付き合いがあるから平井氏に投票するという事情も聞いてみたい。いろいろな情報を「文春オンライン」までお待ちしております。

本記事に関連する情報提供は、下記メールアドレスまでお寄せください。

 

bunshun_online_contact-g@bunshun.co.jp

 

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー