昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 文藝春秋 2022年1月号

genre : ニュース, 社会, 皇室

安倍総理の姿を見て……

――政治の世界でも「女性には無理だ」といわれることが多いのではないでしょうか。そうした中で風穴を開けてきたひとりが、高市さんだと思うのですが。

「私は今の仕事でも相当、体力的にはきつい所を、歯を食いしばってやっています。これまでの仕事もそうでした。やはり『男性のほうが体力があるなあ』と思うことが、たびたびありました。私が総務大臣をしていた時のことですが、当時の安倍総理と一緒に被災地に行ったことがあります。総務大臣は、消防や地方財政も所管していますから、瓦礫の中を長時間歩きましたが、その時、『男の人はやはり体力があるな、強いな』と思ったものです。

©iStock.com

 天皇陛下のご公務を何度か神事を含めてお側で拝見させて頂いたことがあるのですが、『ああ、これは大変だ』と、つくづく思いました。立ったり座ったり、あの重い装束でなさる。寒い中をずっと宮中の三殿を歩かれて長時間、務めておられるのを拝見したこともあります。垣間見る陛下のご公務のありようだけでも、私では無理だと、それほどの激務だと感じました。女性でも、できなくはないのかもしれませんが、相当お辛いことだと拝察致しました」

 保守派のホープである高市議員の話は、このほかにも、地元奈良で育まれた皇室への思いの原点から、旧宮家の男系男子の皇籍復帰までおよんだ。インタビュー全文は「文藝春秋」1月号(12月10日発売)に8頁にわたって掲載される。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
Yahoo!ニュース
文藝春秋

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z