昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「最初に別れたときも2回目も、剛力さんが『月に行くことができない』と答えたことが原因の1つでした。月に行くとなると、訓練などで長期間仕事を休むことになる。彼女は女優業に空白期間ができることを嫌ったようです。

 一方、前澤さんにとって、恋人と月に行くことは譲ることのできない夢でした。そうして2人は徐々にすれ違い、破局した。破局後、前澤さんは剛力さんとの関係について『俺が悪い』と周囲に話していました」(同前)

《遂に自分の宇宙服できちゃった♡》(本人のTwitterより)

連日連夜の合コンで「宇宙への伴侶探し」

 こうして前澤氏は“大恋愛”に終止符を打ったわけだが、傷心に浸るかと思いきや、次を見据えて連日連夜の合コンを敢行した。そしてこの合コンに託されていたのが、「宇宙への伴侶探し」だ。

 別の前澤氏の知人がこう証言する。

「剛力さんとの破局後、次の彼女は『一緒に宇宙へ行ってくれる』ことを前提で探していました。合コンでは必ず、女の子が『英語が話せて、持病がない子。体重は重めの子で、細い子はダメ。また4ヶ月以上の訓練をこなせる子』といった宇宙に行くための“最低限の条件”を確認していました。体重は60キロ以上で、身長も170センチくらいはあるといいと話していましたよ」

《ドイツーケルン郊外のesaでの訓練が終了》(本人のTwitterより)

 2021年3月26日の夜、前澤氏が持つ「アトリエ」と呼ばれる都内のある場所に複数の女性が入っていった。

「ケースバイケースではありますが、多くの場合、まずは参加する予定の女性の写真を平野さんや前澤さんがチェックします。その中でお眼鏡にかなった女性らが呼ばれることになる。参加者の多くは、港区のラウンジやキャバクラなどで働く超美人な女性や、アイドルやタレント活動をしている女性でした」(同前)

 この合コンには、前澤氏と一緒に宇宙へ行く予定で、前澤氏のマネジャーを務める平野陽三氏(36)も参加していた。さらに合コンに参加を許された女性を紹介した男性も参加をすることが多かった。