昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載ペルシャの幻術師

水が通貨になるペルシャの干上がった町…籠の中の鳥の美姫がお忍びで市場を歩いてみたら

「ペルシャの幻術師」第1話<前編>

2021/12/15

source : 文春コミック

genre : エンタメ, 読書

 
 

 司馬遼太郎、幻のデビュー作を、文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品『月と金のシャングリラ』の蔵西がコミカライズ。

 13世紀、ペルシャの町・メナムには世界を席巻したモンゴル軍が攻めいった。
 モンゴル軍の大鷹汗(シンホルハガン)・ボルトルは、美姫・ナンを見初め、自らへの愛を求める。
 ナンは、水不足に悩まされるメナムの市場へ足を運んでいた……。

 このマンガは前編になります。後編を読むにはこちら

 後編を読むにはこちら

『ペルシャの幻術師 1』単行本も紙、電子書籍ともに好評発売中!

 感想はTwitter:@Persian_evoker MAIL:kuranisi@es.bunshun.co.jpまで。お待ちしております。

ペルシャの幻術師 1

司馬 遼太郎 ,蔵西

文藝春秋

2021年12月15日 発売

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春コミックをフォロー