昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「薬は近年使っていない」→「薬は飲みますよ」

――YouTubeにアップされている動画と、今ご覧になっていただいたような歩く動画とのイメージの乖離が、「歩ける」という評価に繋がったのではと思うのですが。

「はっはっは……。もうそれを言われちゃうと、私の身体障がい者としての……なんていうかな。私、車いすがなければ生活できませんからね。だからその、言ってる意味が理解できないんやけど、例えば10メートル歩けたら車いす使っちゃだめなの、ということになるじゃないですか。それがすごい嫌なの。けど実際、立ち上がりとか大変ですから。ひょっとしたらトラムセットが効いてたのかもしれないし」

©️文藝春秋

――最近は副作用の強い薬は飲まれていないとお手紙にありました。

「薬は飲みますよ。痛み止めは当然飲まないと、そんなの。薬箱見てもらえばやけど、痛み止めだらけです。あんなのを飲んで、それで痛みを止めているという状況ですかね。きつい薬は飲んでません」

――最近強い薬を飲んでないから、随分前の動画なんじゃないかという話だったと思うのですが。

「僕はそう思います。あんなに、ぱっぱっぱっ、と歩けるんやったら、だいぶ前の動画かなと思ったんやけど」

――でも実際は20日前の動画です。

「病院行く時は車をおいて、杖をついて行っていますから。その動画はないんですか?」

――薬も飲んでらっしゃった?

「うん、あ、いや薬は毎日飲みますよ。強くない薬を、そうですね。うん」

©️文藝春秋

「杖をついたら歩ける」が…?

――毎日薬を飲んでたら、毎日あれぐらいは動けるということですか?

「いやちょっと、難しいね……」

――この日は特別調子がよかったということでしょうか?

「いや、特別調子がいいっていうか、もうそれをせなしゃあない、って時だけやね」

――自動販売機で飲料水を買うのに焦っていたということでしょうか?

「もう、水分が足らないとちょっと困るんで」

©️文藝春秋

――生活上、車いすは必要だと思うんですが、一部でパフォーマンスと言われていることについてどう思いますか。

「心外です。見られました? 私の手術歴とか。すごい長い時間かかって、やっとここまできたって感じなんですね。そのためにすごい努力してきたわけですよ。それはみんなが信じられないぐらい頑張ってきたし、パフォーマンスなんてレベルじゃないです。どうしても偽者の障がい者にしたいわけやな。言ってるじゃないですか、歩けないわけじゃないですって。周りの人は僕が杖ついてるの何人も見てますよ。別に隠しているわけじゃない」

z