昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“車いす市議”に再直撃で「言い分」が変わった 専門医の見解は「歩けないことを誇張している」《疑惑追及スクープ》

車椅子市議 #3

 芦屋市の“車いす議員”長谷基弘氏(63)。2021年11月、市議会で「立って歩くのを見た」と発言した公明党の徳田直彦市議に対して、名誉棄損容疑で異例の刑事告訴に踏み切った。

直撃後に長谷氏から送られてきた転倒動画

 一方、地元では長谷市議が「歩くのを見た」という目撃談が複数上がっているのも事実だ。取材では「この目で見た」という直接の目撃者に、当時の様子について話を聞いてもいる。

 そのほかにも路上に車を停めて、松葉づえをつかずに自動販売機で飲料水を購入する動画が流出。歩行の可否をめぐり、「政治的なパフォーマンスではないか」といった様々な憶測が飛び交っているのだ。

 そこで長谷市議に動画を見せながら真偽について問うと、「その動画は相当古いもん、違うんかな、と思うんですよね。随分前の話やろうなって思うんですけど」「ここまでひどくなったのは選挙が終わった頃やから3年ぐらい前」などと、現在は動画のように歩行することは不可能だと主張した。

直撃取材を受ける長谷氏 ©️文藝春秋

 しかしながら、その後に取材できた撮影者によると、動画の撮影時期は「2021年11月10日」だという。動画内の長谷市議の傍を走り去るバイクのナンバーから、車両の登録日を照合したところ、令和2年9月3日と判明したため、少なくともここ1年ほどに撮影されたものであることは間違いない。

 真実はどこにあるのだろうか――。取材班は再度、11月30日に市議会から車いすで帰宅する長谷市議に再度、話を聞きに行った。(全4回の3回め。#1#2、#4)

「何か掴んでいないと、片足あがらない」

――長谷さん、文春オンラインです。徳田議員への刑事告訴の件なんですが、こちらの動画を見てください。

「うんうん……まあまあ装具しているわなあ。このぐらいの距離やったら、頑張ってるんやろな……痛そうやけど」

――この動画ぐらい歩けていたのはいつぐらいでしょうか。直近3年ぐらいは厳しいという話でしたが。

「厳しいですよね」

©️文藝春秋

――この動画の撮影日がわかりまして、この前の11月10日です。

「……10日。11月10日……(スマホでカレンダーを見る)」

――場所も西宮市の路上とわかりまして。

「11月10日……病院に行っている日だよね? 杖ついて行っていると思いますよ?」

A氏が撮った動画より
長谷氏がYouTubeにアップしている動画。車に掴まらないと歩けないようにみえる

――この動画だと何も掴まらずに歩けていますが。

「じゃあ歩けてるやないかと? 今の状態見てもらったらわかるように、頑張れば、これぐらいやったら、車の周りならいけんことはないかもしれませんね。何か掴んでいないと、片足あがらないと思いますよ?」