昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《佳子さま27歳に》“眞子さんと小室圭さんが支え合う姿”を近くで見てきた佳子さまに秋篠宮さまの一言「あなたも好きでしょう?」

2021/12/29

「結婚に関して、誤った情報が事実であるかのように取り上げられたこと、多くの誹謗中傷があったことを、私もとても悲しく感じていました。そのような中でも、姉と小室圭さんがお互いに支え合う姿を近くで見てまいりました。本日、2人が結婚できたことを嬉しく思っております。今後は、姉と小室圭さん、小室圭さんのご家族が、穏やかな日々を過ごせるようになることを心から願っています」

2021年、佳子さまのお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 12月29日、秋篠宮家の次女・佳子さまは、27歳の誕生日を迎えられた。長女・眞子さんの結婚に際しては、姉との強い連帯を感じさせる異例のコメントを発表。ICUご入学やイギリス・リーズ大学ご留学、全日本ろうあ連盟の非常勤嘱託職員としてのご就職などを経験されて、佳子さまは今後どのような道を歩まれるのだろうか。これまでのご足跡を、写真とともに振り返る。(初出:2019/03/24)

2015年6月、初めての単独地方公務として、山口県下関市を訪問された佳子さま ©JMPA

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

「これからの仕事に活かすことができれば嬉しく思います」

ICUをご卒業時の秋篠宮家の次女・佳子さま ©JMPA

 3月22日、佳子さまは角帽にガウン姿でICUの卒業式に臨まれた。当面、大学院進学や就職のご予定はないという。ご卒業後は公務に取り組まれるとみられ、「大学生活で、一つの分野を集中的に学んだ経験も、幅広く学んだ経験もこれからの仕事に活かすことができれば嬉しく思います」と宮内記者会の質問に文書で回答を寄せられている。ガウンの下からのぞくパープルのお召し物と、ヒールの高いホワイトパンプスで春らしさを演出された佳子さま。くっきりと引かれたアイラインとピンクのチーク、ボリュームのある巻き髪は、佳子さまらしさがご健在であることを物語っているようだった。

©JMPA

秋篠宮さまが佳子さまに話しかけられた一言

「あなたも(ダンスが)好きでしょう?」

 2017年7月、全国高校総合文化祭の開会式に出席されるため、宮城県を訪問された秋篠宮さまと佳子さま。ダンスを披露した女子高校生に「とてもきれいでした」と声をかけられた佳子さまへ、秋篠宮さまが話しかけられた一言だ。

2017年7月31日、全国高校総合文化祭のパレードをご覧になる秋篠宮さまと佳子さま ©時事通信社

 佳子さまは、学習院女子高等科の頃に八重桜祭で「KYS」というユニットを組んでK-POPのダンスを披露されるなど、長きにわたってダンスに打ち込まれてきた。学習院大学でもダンスサークルへの入会を考えられていたようだが、実現しなかった。

佳子さま ご成年をお迎えになるに当たっての記者会見 宮内庁提供

 2015年4月、佳子さまはICUにAO入試で合格され、進学された。学習院大学を中退した理由については「幼稚園から高校まで学習院に通っており、限られた一つの環境しか経験できていないと感じることが多くございました。(中略)学生生活を送る中でやはり別の環境で学びたいという思いがあったことと、先ほどお話しいたしましたように、ICUで学びたいという思いがあり、退学いたしました」(ご成年をお迎えになるに当たっての記者会見)と率直に説明されている。