昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「数年間、民放に出られない時期が続いた。その後、現在の事務所の社長に声を掛けられ、北野武監督の『Dolls』に出演し、演技派俳優への足がかりを掴んだ」(テレビ局関係者)

 辛い時期があったからか、今も周囲への気配りを常に欠かさないという。

「西島さんはこまめに現場に差し入れを下さいます。ストイックに見えて実は甘党。コロナ前は決まって専用のお菓子箱が用意されていたほど。主演として、現場を盛り上げることも忘れない。『シェフは名探偵』(テレ東系)では、共演者に初顔合わせの方もいたので、『あだ名を付けよう』と提案し、距離を縮めていっていました」(同前)

 モネの現場では、ドラマのワンシーンのような出来事も起こっていた。前出のNHK局員が明かす。

泣いていた女性スタッフに“神対応”

「東京のスタジオで助監督に罵倒された若手スタッフの女性が、スタジオの隅に隠れて泣いていたんです」

 それを発見したのが、西島だった。女性スタッフに「どうした?」「大丈夫?」と優しく声を掛けてなだめると、落ち着いた彼女は、撮影に復帰できたという。

「その後、彼女は『キャストの方に気を遣わせてしまった』とまた半ベソをかいていました(笑)。尋常ならぬ“神対応”に『さすが西島さん』とスタッフから歓喜の声が。西島株はさらに高騰しています」(同前)

 ロケ先の登米市では、こんな秘話も。石ノ森章太郎ふるさと記念館館長が語る。

共演の清原、夏木マリと(清原のインスタより)

「撮影で来られた時は、挨拶をしたぐらいだったのですが、後日、西島さんからサイン色紙が届いて驚きました。有り難く飾っています」

 以上、雲ひとつない撮影現場から、実況中継をお送りしました!

2021年 男性芸能人部門 BEST5

1位:「GACKTは私の妻と不倫していた」夫が告発
https://bunshun.jp/articles/-/50945

2位:「妻が相手宅に押しかけ警察も出動」RADWIMPSギター桑原彰(36)が妻子を置いて20代元モデルと“お泊り不倫”《直撃に本人は「ほぼ事実です」》
https://bunshun.jp/articles/-/50944

3位:《スクープ撮》仮面ライダー俳優・瀬戸利樹が“自粛破りパーティ”からアナウンサー風美女を“お持ち帰り”
https://bunshun.jp/articles/-/50942

4位:「悪い仲間とつるんでしまって、自然と…」銅線窃盗で逮捕の元EE JUMP祐樹(35)に、姉・ゴマキがかけた「言葉」
https://bunshun.jp/articles/-/50941

5位:「おかえりモネ」の撮影現場で西島秀俊が“神対応” 泣いていた女性スタッフに「どうした?」「大丈夫?」
https://bunshun.jp/articles/-/50940

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z