昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「枠は1人分しかない」とせかされて

 提示された旅行プランは、韓国経由でBTSメンバーと飛行機に同乗し、彼らとともにビバリーヒルズのホテルに宿泊できるという、ファンにとっては夢のようなものだった。

BTS ©getty

「普通の人からの誘いなら私だって詐欺だと気付きます。でも、X氏ということで信じてしまった。彼は韓流アイドルとのパイプも太く、BIGBANGやEXOのメンバーが来日した際も接待をしていました。

 それから、何よりX氏はとにかく口が上手い。『俺の会社の社員ということで同行する。行ける枠は4人までしかない』『ロス在住の女友達2人は確定していて、あと枠は1人分しかない』とせかされました。私を信用させるために、おそらく偽装してつくったと思うのですが、BTSの末っ子メンバー・グクとのカカオトークのやりとりをみせてきて『グクが日本人と遊ぶのを楽しみにしている』と。舞い上がった私に『飛行機の座席をファーストクラスにアップグレードしてくれれば、グクと機内でもそばに座れて話せる』と言ってきました」

ビバリーヒルズのホテルでBTSと宿泊できるというプランだが…

 結局、A子さんはX氏に合計130万円以上の金額を振り込んだのだが、ついぞ米国行きのチケットは送られてこなかった。そのお金は今も返金されていない。

ある被害者とX氏とのやりとり

疑ったら「行くのやめるか?」と逆ギレされたB子さん

 A子さんと同時期に、X氏に110万円を振り込んだのは、BTSの大ファンで、現在は芸能関係の仕事をしている20代のB子さんだ。B子さんも肩を落とす。

「X氏とは直接会ったことはないのですが、もちろん存在は知っていました。友達から旅行に誘われて、手を上げてしまいました。ただ、X氏のことは早い段階で疑っていました。旅行日程が、BTSが音楽賞の授賞式で既に渡米しているはずの時期だったり、グクのローマ字表記は『KOOK』なんですが、見せてきたグクのカカオトークのアイコンが『G』と表示されていたり…。

 そういったことをX氏に指摘したら訳のわからない弁明をして、最後は烈火のごとく怒りだしてきて『じゃあ、行くのやめるか?』と言って、逆ギレしてきました」