昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『陸王』『真田丸』マネしやすいドラマがある

―― 職業柄、テレビを観ないと始まらない仕事だと思うんですけど、今、テレビをどんな風に観てるんですか。

ホリ 全体的に観てますけど、僕は結構、松本(人志)さんの番組をよく観てるかもしれないですね。『ワイドナショー』とか『クレイジージャーニー』とかもそうだし。ドラマはなかなか観れないんですけど、観るようにしてます。やっぱりマネする対象の人とかが出てる時は比較的観ますね。今だと『陸王』。ちょっと前だと『小さな巨人』。池井戸潤さん原作のドラマはやっぱり面白いですね。

―― マネがしやすい?

ホリ そうですね。あとちょっと前は『真田丸』も全部観てました。すごい久しぶりに大河ドラマを観ましたね。ドラマとかあんま観なくなっちゃった時期があったんですけど、奥さんやマネージャーが観てるから観るっていう感じで観る場合があります。

 

―― 勉強のために観るっていう感じ?

ホリ それもある。勉強っていうか、その素材を知るといったらあれですけど(笑)。もちろんできる人が出てれば尚よしで。あと『水戸黄門』、今武田さんがBSで始めたので。面白かったですね。

―― 武田鉄矢さんが水戸黄門役ですね。

ホリ 金八感を残しつつ、みたいなところも面白いですね。

「オレオレ詐欺に注意!」って俺がやっちゃだめでしょ

―― モノマネの番組は、フジと日テレがずっと伝統的にありますが、ホリさんから見て違いはありますか。

ホリ フジテレビさんの方は、どっちかというと歌とか曲に乗っけてというのがメインだと思いますね。タイトルも『(爆笑そっくりものまね紅白)歌合戦』ですから。

―― ああ、なるほど!

ホリ コントにしても、ある程度歌に乗せて入っていくというイメージ。日テレは、比較的自由にやってるかなと思いますね。

―― 最近はモノマネ番組自体が少し少ない印象がありますが。

ホリ 日テレのは年3回ですね。前は4回あったからそう感じるんでしょうね。あと他局ではフジテレビ以外やってないというのはありますね。ただ、モノマネの企画、モノマネ芸人を使うところは増えました。

 

―― というと?

ホリ たとえば再現ドラマ。ここ2、3年で急激に増えました。前は再現って俳優さんがやることが多かったと思うんですけど、タレントさんの再現にモノマネ芸人を使うみたいな傾向があります。そっくりさんを使ったり、ある程度出てるモノマネ芸人を使う。僕も今年何回やったっけ? 福山さんやって、出川さんやって、太田さんやって、テリーさんやって、あと木村さんも。なんか結構やってるんですよ、今年。

―― ああ、言われてみれば最近は確かにモノマネ芸人が演じてますね。

ホリ 今年は、月イチとまでは行かないけど、2ヶ月に1回はそういう仕事を頂きますね。あと今年4月に、警視庁さんのオレオレ詐欺撲滅のCMに出演させていただきました。

―― え、そんな公の仕事もこなすんですね(笑)。

ホリ そうなんですよ。一番詐欺っぽいやつが、「オレオレ詐欺に注意!」みたいな。いや、あなたが言っちゃだめでしょ、みたいな(笑)。

ホリ 最後恥ずかしいわ。素が一番恥ずかしい(笑)。

―― あははは。『水曜日のダウンタウン』でもオレオレ詐欺の企画ありましたね。

ホリ アンガールズ田中君のマネで、田中君のお母さんに電話して、「(田中のマネで)あぁ、もしもし、俺だけど。オレオレ」って言って。そんな俺が、オレオレ詐欺撲滅(笑)。

―― 先生のマネをする企画もありました。

ホリ ギャラクシー賞を獲りましたね。そういう、ものまね芸人で検証とか、騙すみたいな企画でよく呼ばれるようになりました。『ピラミッド・ダービー』で、誰が本物で、みたいなのを当てるやつとかね。