昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「平凡が良かったんです。それが幸せだったんです」実直な公務員だった夫を亡くした妻が気づいたこと

『がんばりょんかぁ、マサコちゃん』第1話

genre : エンタメ, 読書

 
 

 平凡な夫婦の幸せは、なぜ壊されなければならなかったのか?

 国有地が不当な価格で売却された事件の渦中で、関係者の名を隠蔽するために公文書の改ざんを命じられた近畿財務局職員・赤木トシオ。その妻、マサコが「夫の死の真実を知る」ために国と闘うことを決意するまで、そして現在の迷い、怒り、葛藤とは――!?

「週刊スピリッツ」連載の『がんばりょんかぁ、マサコちゃん』から第1話を紹介する。

◆ ◆ ◆

「がんばりょんかぁ」とは、赤木さん夫妻の故郷の岡山弁で「がんばってるかい」という意味だそうです。この物語の続き、『がんばりょんかぁ、マサコちゃん』第2話は、1月31日発売の「週刊スピリッツ」第9号に掲載されています。

INFORMATION

『がんばりょんかぁ、マサコちゃん』(ビッグコミックスピリッツ/小学館)連載中

https://bigcomicbros.net/work/70609/

この記事の写真(33枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー