昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

「交際をスタートしてからまだ1カ月ほど」

 小林アナとの関係を清算した斎藤は、それほど期間をおかずに新たな恋人を探し始めていたという。馴れ初めについて2人を知る人物が明かす。

「テレビ朝日の斎藤さんの同僚が2021年のクリスマス前に開いた飲み会で、斎藤さんと現在の彼氏の男性を引き合わせたのが交際のきっかけになったそうです。そこから2人はすぐに急接近し、交際をスタートしてまだ1カ月ほどのラブラブ期です。お相手の男性は斎藤さんの1歳上で、会社員の一般人です。ジャニーズ系のイケメンで、キリッとした顔立ちは小林アナにも似ています」

 冒頭の1月27日も、「羽鳥慎一モーニングショー」出演を終えた斎藤は15時頃に男性のマンションを訪れ、家を出たのは7時間後だった。この日はサッカー日本代表と中国のワールドカップ予選が行われており、斎藤が男性のマンションを後にしたのは勝利のおよそ1時間後のことだった。この日斎藤はインスタグラムに「ワールドカップアジア最終予選⚽️ 今日も絶対に負けられない戦いです」という投稿をしている。

タクシーが行き交う大通りまで斎藤を見送る男性 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

「家デートしかできない……」

 斎藤はマンションを出る前から男性に周囲の警戒を頼み、2人揃ってキャップをかぶってうつむき加減で歩くという警戒ぶりだった。斎藤の警戒心の背景には、小林アナとの熱愛をすっぱ抜かれた苦い思い出があるという。

「小林アナとの熱愛を報道されてからは常に周りを気にするようになり、もう撮られまいと対策を徹底しているようです。そのため『彼と家デートしかできない……』とぼやいていたこともありました。それでも週に2~3回ほどは生放送の後に彼の家に通っています。月曜日から金曜日まで朝の生放送があるので、泊まりがけでのデートは週末だけのようですね」(斎藤の知人)

事実確認のために声をかけたが、斎藤は足早にタクシーに乗り込んだ ©文藝春秋 撮影・宮崎慎之輔

 2月3日、事実関係を確認するために出社する斎藤に直撃したが、「すみません」と言い残すと足早にタクシーに乗り込んでテレビ朝日へと向かって行った。

 テレビ朝日広報部に事実関係を確認すると、「社員のプライベートに関しては、従来お答えしておりません」との回答だった。

 小林アナとの報道からわずか数カ月、斎藤アナに発覚した新恋人。可憐で上品なイメージとは裏腹に肉食系の一面も覗かせたのだった。

2月4日(金)21時からの「文春オンラインTV」では本件について担当記者が詳しく解説する。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z