昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「死にたい」とつぶやいて消えた保育園のママ友…優しそうな夫とかわいい息子を置いて失踪した「妻の本音」とは

『消えたママ友』#2

2022/02/18
©野原広子/KADOKAWA
©野原広子/KADOKAWA

 ある日いきなり、仲良しだったママ友の有紀ちゃんが消えた。「子供を置いていなくなった」「男と逃げたんだって」と瞬く間に広まるうわさ。幸せの只中にいたはずの彼女に、いったい何があったのか――。

消えたママ友』(野原広子 著、KADOKAWA)は、ほのぼのした絵柄と裏腹に「ママ友」をとりまく複雑な人間関係をシビアに描きだしたコミックエッセイ。2018年から主婦向けの生活実用情報誌『レタスクラブ』で連載され、2021年には優れた漫画作品に贈られる手塚治虫文化賞短編賞を受賞した話題作です。本作より第1章を抜粋して公開します。

◆◆◆

消えたママ友 (コミックエッセイ)

野原 広子

KADOKAWA

2020年6月25日 発売

この記事の写真(18枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー