昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

女性マンションからの帰宅に…経済安保法案責任者がタクシーチケットを私的利用

 ビジネススクールで“副業”を続け報酬を得ていた疑いや、朝日新聞政治部の女性記者との不倫疑惑で経済安全保障法案の事務方の責任者を更迭された、藤井敏彦・経済安保法制準備室室長。藤井氏が公用のタクシーチケットを私的に使用していた疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。

私用で使用したタクシー代をチケットで支払う

 藤井氏は1月29日の土曜日、ビジネススクール・不識塾で講師の仕事をした後に朝日新聞の記者との週末デートを楽しんだ。

元「責任者」の藤井氏

 そして週明け1月31日月曜日の17時40分過ぎ、職場を出た公用車が向かった先は、港区芝公園にある高級タワーマンション。藤井氏は大通り沿いで車を降りると、辺りを窺うようにして、マンションへと姿を消した。よほど親しい間柄なのか。食事時に訪れたにも関わらず、藤井氏の手には手土産などは何もない。

「ここは朝日新聞の女性記者の家ではなく、別の女性が住むマンションなのです」(経産省関係者)

 そして4時間余り経った22時15分、マンションから出てきた藤井氏は通りでタクシーを拾うと、自宅より2キロほど手前のコンビニの前でタクシーを停車。そして、なんとタクシー代をチケットで支払ったのだった。

公用車を降りてタワマンへ

過去にチケットの私的な使用で、戒告処分が出たことも

 役所の公用車は、20時以降は使えない。そのため、専属の公用車が付く幹部はそれ以降、公用がある場合に限り、タクシーチケットが貰える。飲み会などには使えないが、「公用の勉強会がある」と言えば秘書がすぐに用意してくれる仕組みだ。