昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2017/12/05

#ドラゴンズにイチローを

 中学時代「あ~ドラゴンズファンでよかったなぁ」と思える大きな出来事があった。それは三冠王・落合博満の電撃的な移籍入団だ。

「男が男に惚れて来た、それだけ」

 そう言い放ち、星野新監督と並んで移籍入団会見を行う三冠王をテレビで見ながら、僕はとてつもない事が起こりそうなワクワク感を抑えきれず、人生最高潮に高揚したものだ。

 当時僕は、ドラゴンズファンでありながら、ドラゴンズに対しある不満を持っていた。それは、よく言えば「地域密着型の渋いチーム」、悪く言えば「田舎っぽい地味な球団」という所。特に中学に上がる頃は空前のタイガースフィーバーや、鳴り物入りで入団した怪物清原と日本シリーズでのバック転がかっこよすぎた秋山のいるライオンズの事が羨ましく、大人から「どこのファンなの?」と聞かれた時、恥ずかしくて「一応、中日?」と曖昧に答えていた。

 でもスーパースター落合博満がドラゴンズに来てからは堂々と「ドラゴンズファンです」と答えられるようになった。超一流の落合と野球をする事で他の選手達も、自信に満ちた戦う男の顔になっていき、緊張感のあるゲームが増えていった。僕のドラファン熱もグングン上昇し、周りのドラゴンズファンもどんどん増えていった。

 球団史上初の5年連続Bクラスに転じている今、ドラゴンズファンの子供達はあの頃の僕のように「一応、中日」と答えてはいないだろうか? カープやベイスターズを羨ましく見てはいないだろうか? そもそもドラゴンズファンを辞めてしまったのではないだろうか? せめてドラゴンズファンの子供達が堂々と「ドラゴンズファンです!」と言えるようにさせてあげたいと切に思う。

 それには僕の長年の夢である、名古屋が生んだ世界のスーパースター、イチローの獲得しかない!自分の好きなチームにスーパースターがいる幸福感、全国ニュースで好きなチームの事が大きく取り上げられる満足感、スーパースター見たさに大勢のファンが詰めかけるスタジアム、そして緊張感漂う好ゲーム……僕が経験してきた、痺れるようなドラゴンズの野球を若い人や子供達にも味あわせてあげたい!

 ドラゴンズ球団関係者様、どうかイチロー獲得の意向をブチ上げてはくださいませんか? 獲れなくてもいいからワクワク・ドキドキできる夢を見させては下さいませんか? 僕と同じ時期に中学生だったイチローはきっとこの気持ちを分かってくれるはず……。

#ドラゴンズにイチローを

 めっきり寒くなった休日の午前……僕は今日も無人のグラウンドで、80m先のバックネットを見ながら一人黙々と遠投を繰り返す。とてつもなく痺れるような正夢が起こることを信じて。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ウィンターリーグ2017」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/5226 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー