昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈小林麻耶 YouTubeで爆弾発言〉宇宙ヨガ夫「あきら。」実兄が告白 「弟にスピリチュアル能力はない」

 21日、フリーアナウンサーの小林麻耶(42)が整体師で宇宙ヨガインストラクターの元夫・國光吟氏(38)のYouTubeチャンネル『吟 Akira』に登場。「妹からも相談を受けていました。『苦しいよ。死にたいよ。離婚したいよ』って」と2017年に亡くなった妹・小林麻央と市川海老蔵(44)が不仲だったとの告発を始めた。

 今月10日、國光氏との離婚を発表していた小林。國光氏は自身のブログで「僕と麻耶ちゃんは今でも仲良しです」と掲載し波紋を広げていた。いったい國光氏と小林はどのような夫婦関係だったのか。「週刊文春」が、2人の夫婦生活、國光氏の人物像を報じた記事を再公開する。(初出:週刊文春 2021年7月15日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

宇宙ヨガ夫の“奇行”

 夫で整体師の國光吟氏(38=「あきら。」名義でタレント活動も行う)と離婚協議が何度も報じられたフリーアナウンサーの小林麻耶(42)。「あきら。」としてタレント活動も展開する吟氏の実兄が、「週刊文春」の取材に応じ、弟の実像を明かし、苦言を呈した。

小林麻耶 ©文藝春秋

 麻耶と吟氏が出会ったのは2018年。妹の麻央が他界し、1年が経とうとする頃だった。吟氏の施術で不眠が解消した麻耶は氏に心酔するようになり、7月に“交際ゼロ日”で結婚した。麻耶は結婚を機に一旦引退するも翌年復帰。吟氏は、テレビ局やロケ先に同行するようになった。

「しかし吟氏は『方角が良くないからロケ地を変えろ!』などと声を荒らげ番組に文句をつける。次第に麻耶さんも『オーラ』や『気の流れ』を理由にスタッフを遠ざけたり、用意された衣装に対し『こんなの着てらんねえよ!』と吐き捨てるなど“奇行”が目立つようになった」(テレビ制作関係者)

2017年に他界した妹の麻央とその夫・市川海老蔵 ©文藝春秋

 仕事現場でトラブルを起こすようになった末、麻耶は一昨年11月、所属事務所を離れた。テレビから姿を消した2人は以降、YouTubeに活動の場を移したが、それも昨年1月に突如終了。麻耶は自宅マンションを出て母が暮らす実家に身を寄せていた。