昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「損してでも次の成長の種をまいておく」

「過去にゲームが大ヒットした会社はその後の落ち込みが激しい。他で大きく収益が出ているときこそ、損してでも次の成長の種をまいておく。他の事業の調子がいいときにサボってはいけない」

「ウマ娘」のヒットで業績的に余裕がある今だからこそ、新たな勝負に打って出る。

本社が入るアベマタワー

「11月のサッカーW杯カタール大会の全64試合をアベマで無料生中継することが決まりました。放映権の取得額は守秘義務があって申し上げられませんが、アベマ史上過去最大の投資案件となりました。単体での黒字化は難しいでしょうが、アベマの格や認知度を上げるチャンスの局面だとみています」

 4月8日(金)発売の「文藝春秋」5月号では「わがギャンブル経営哲学」と題して、8ページにわたり藤田氏のインタビューを掲載。藤田氏は麻雀から学んだ経営論を披露し、終身雇用制を打ち出した理由、「実績より人格を重視する」人事制度など、企業成長の背景について明かしている。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
Yahoo!ニュース
文藝春秋

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z