昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜロシアはウクライナを攻撃したのか――? 地政学から考える“欧州・ロシアの緩衝地帯”ウクライナ侵攻の「裏側」

漫画『紛争でしたら八田まで』ウクライナ編 第1話

2022/04/05
©田 素弘/講談社
©田 素弘/講談社

“地政学リスクコンサルタント”を名乗る主人公・八田百合が、「地政学」に基づいた知性と荒技で世界中の事件を解決する『紛争でしたら八田まで』(講談社)。作中では昨今話題のロシアとウクライナの問題にも切り込んでいる。

 ウクライナ編は、百合がウクライナ在住の旧友・オクサナに仕事を依頼される場面から始まる。百合は過激派組織のメンバーや、資金豊富な大企業も巻き込みながら、事態解決のために奔走することになるのだが――。

『紛争でしたら八田まで』(講談社)は既刊8巻好評発売中、以下続刊。最新刊9巻は4月21日(木)発売予定。

この記事の写真(20枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー