昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

29歳女性が「マンション売却」「一戸建て購入」を検討…「不動産屋は敵だ」と思った瞬間とは?

『やっちまったよ一戸建て‼』#2

2022/04/16
©伊藤理佐/文藝春秋
©伊藤理佐/文藝春秋

 今からさかのぼること20余年、7000万円を投じて「一人暮らし用一軒家」を建てた漫画家の伊藤理佐さん。『やっちまったよ一戸建て!!』(文春文庫)は、その顛末をつまびらかに描いたコミックエッセイです。

 伊藤さんは当時29歳。知人の「今がチャンス」という一言をきっかけにマイホーム欲が燃え上がり、思い立ったが吉日、すぐさま不動産屋めぐりを開始。土地も、お金もないけれど、それでも欲しい「一戸建て」。あまたの苦難を乗り越えながら、夢に向かってばく進するのですが――。

 ここでは本書より、伊藤さんが「不動産屋は敵だ」と思った瞬間を描いたエピソードを抜粋して紹介します。

◆◆◆

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(30枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー