昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「吉原のソープランドも辞めた」薬物乱用、度重なる整形、入れ墨、過食…“依存症子”が30歳で堕ちた「ドン底」――2021年BEST5

依存症子#2

genre : ライフ, 社会

2021年(1月~12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年11月28日)

* * *

 あらゆる依存症に苦しんだ「依存症子」こと、湯浅静香さん(42)。現在は「「私のクソみたいな人生を明らかにすることで、今同じような悩みを持つ人やその家族の力になれるかもしれない」と、これまでの半生をブログなどで公開している。

 #1では虐待を受けていた幼少期から、薬物やギャンブル、売春に手を染めた20歳頃までの自堕落な生活について語っている。

◆ ◆ ◆

毒キノコ、LSD、覚醒剤…「違法薬物はなんでもやりました」

「今となっては恥ずかしいのですが、当時は止めなきゃなと思いながら、どこかでまだ若いししょうがない、楽しいことだけをやっていればいい、と舐めた考え方に支配されていました」

30歳頃にいれた入れ墨

 違法薬物に手を出していた湯浅さんが、当時ハマっていたのが「薬物を摂取して観るアニメ」だったという。マジックマッシュルームを食べた後、アニメ映画「シュレック」のお姫様の映像を目にし、そのあまりの美しさに我を忘れたのだという。

「毒キノコ(マジックマッシュルームの俗称)に向精神薬に覚醒剤。なんでもやりました。LSDも印象的ですね。幻覚が別格に楽しかった。

 当時流行していた『新世紀エヴァンゲリオン』で、主人公の碇シンジの手の甲から綾波レイがたくさんでてくるシーンがあるんですが、LSDをやって見ると、その数が更に増える。『攻殻機動隊』では光学迷彩という人が消えるスーツがあるのですが、LSDをやっていると消えたはずのその人の実体が見えるんです。私ってすげーって。

 小指の先くらいの紙片に染み込ませてあったLSDは1枚2万円くらいして、金はかかりましたが、金払いのいいヤクザによくモテたので、何とかなっていました」

インタビューを受ける現在の湯浅さん ©文藝春秋

整形はやればやるほど止められなくなった

 23歳の頃に豊胸手術を受けたことをきっかけに、整形にもハマってしまったという。

「ガリガリで胸がないのがコンプレックスだったので、入れてしまおうと。それで拍車がかかって整形もしました。そこまでブサイクでもなかったと思うのですが、向精神薬などのおかげで痛みにも鈍感だったし、整形手術も苦じゃなかった。

 まずは鼻を高くして、黄金ライン(鼻の頭と顎先を結んだ直線上に口先がかからない)を目指して、顎を前に出すためにプロテーゼを入れました。二重の幅も広げたし、もちろんボトックス注射もしましたよ。やればやるほど、止められなくなりました」

 しかし、26歳の頃には「ちゃんと付き合った」という同年齢の男性がいた。キャバクラは辞めて、パチンコ店でのアルバイトなどを始めたが、薬の影響で情緒不安定になり、どのバイトも続かなかった。男性にも、愛想をつかされた。