昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「お前がろくな教育をしなかったせいだ!」虐待母への壮絶な暴力と「クレプトマニア」 それでも“依存症子”が更生へ向かえたワケ

依存症子#3

genre : ライフ, 社会

 あらゆる依存症に苦しんだ「依存症子」こと、湯浅静香さん(42)。現在は「私のクソみたいな人生を明らかにすることで、今同じような悩みを持つ人やその家族の力になれるかもしれない」と、これまでの半生をブログなどで公開している。

 幼少期から虐待を受け、思春期の頃になると当然なことのように違法薬物やギャンブル、売春に手を染めた(#1)。

 20代前半の頃には、大宮・南銀のキャバクラで人気ナンバー1になるなど、華々しい生活を送っていたが、度重なる向精神薬や睡眠薬のオーバードーズで言動がおかしくなり、30歳を超えると客がどんどん離れていった。吉原のソープランドでも同僚との約束をすっぽかすなど、周囲の信用を無くしていった。

 しかし、31歳の頃に運よく「ごく普通の男性」と結婚することになる。夫はある士業の「普通の人」で金銭的にも余裕があり、暴力をふるうこともない。転落し続けていた人生が好転するかに思えたが、逆に湯浅さんの転落は加速していった。(#2

◆ ◆ ◆

“万引き依存”の精神疾患「クレプトマニア」に

「結婚生活がめちゃくちゃつまらなかったんです。仕事をしなくてもお金はあるし、恵まれているはずなのにね。でもそれまではキャバクラやソープでチヤホヤされてきたので……。結婚してからが一番薬に依存したんじゃないですかね。日々の暮らしに刺激がないから」 

 湯浅さんは刺激のない日々に鬱屈し、33歳で高校生以来の万引きをした。

28歳頃の湯浅さん

「ユニクロで商品をバッグいっぱいに入れて、そのまま店を出るんです。すぐに車に乗って帰って『今日も捕まらずに帰ってこれた』とスリルを楽しんでいました。旦那もいて、なんでも買えるのに、盗むことのスリルにはまっていたんです。盗むために、朝早起きをしたりもしていましたよ。いわゆる『クレプトマニア』ですよね」

止められない万引きの末“警察沙汰”に発展

 クレプトマニアとは、物欲による窃盗ではなく、反復的に万引きを繰り返してしまう精神疾患だ。摂食障害やアルコール依存などと併発も多い。湯浅さんのケースでは、薬物のオーバードーズによる情緒不安定な中、結婚生活への不満などが相まって発症したようだ。

吉原のソープランドに勤めていた頃の湯浅さん

「初めて捕まったのは、34歳の誕生日を目前に控えている時期でした。洋服屋の店員さんに見つかりました。警察も来たけど、店側が被害届を出さずに、商品代を払って帰らせてもらいました。2度目にバレたのは翌年の夏、ショッピングモールの警備員に捕まって大宮警察署に行きました。罰金刑となり、夫が50万円を支払いました」

 そして罰金刑となった2度目の万引き事件からわずか数ヶ月、またしてもショッピングモールでの窃盗が露見する。

「また同じショッピングモールで捕まりました。薬の影響かわからないけど、自分がどこで何をしたのか、本当に覚えていることができなかったんです。大宮警察署の同じ刑事が担当になり、かなり怒られました」