昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中3で妊娠した母親(20)が語る、10代シングルマザーのリアル「養育費はもらえず生活はギリギリですが…」

横井桃花さんインタビュー#3

 15歳で子どもを出産した横井桃花さん(20)。当時中学を卒業したばかりの彼女は、その後も未婚のまま一人で育てていくことを決めたが、相手から養育費をもらうことができず金銭的にも苦しかったという。

 そんな彼女の子どもは、今年5歳になった。妊娠がわかってから出産するまでの経緯や、相手との関係、現在の生活について詳しく話を聞いた。(全3回の3回目/最初から読む)

横井桃花さんと息子の幸希くん

◆◆◆

金銭的にはギリギリですが、子どもとの時間を優先しています

――養育費をもらえないと、金銭的にもかなり大変ですよね。

横井 そうですね。中卒だし、子どもがいるので、職場を探すのは大変でした。急な息子の熱でお休みをいただいたり、夏休みや冬休みはどうしても出勤できる回数が減ってしまうので。

 

 今は近くの職場でアルバイトをしています。金銭的にはギリギリですが、なるようにしかならないと思っています。お金がなくてもその状況の中でやっていかなければいけないので。

 朝も夜も働けば、少しは余裕も出てくるとは思うんですが、そうすると子どもとの時間は減ってしまうし。ただでさえ、父親がいない寂しい状況なのに、母親もずっと仕事をしているという状況にはしたくなかったので、ギリギリの生活にはなるけど、子どもとの時間を優先しています。

 今、息子はインターナショナルの幼稚園に通っているので、子どもが幼稚園にいる間は働いています。今の職場の方は、私の状況を理解してくれて、休みなども柔軟に調整してくれるので助かっています。

 

――現在は二人暮らしを始めたとのことですが、いかがでしょうか。

横井 去年の10月から実家を出て二人暮らしをはじめました。ずっと母親のサポートを受けていたので、そろそろ自立しないとと思って、やっと二人暮らしがスタートしました。

 金銭的には全て自分で負担しなければならないので、きついことはきついんですが、とても充実した時間を送っています。インターナショナルスクールに通わせたり、ダンスを習わせたりと息子にはできるだけいろんな経験をさせてあげたいなと思っています。

 勝手な親の状況で、子どものやりたいことをやらせてあげられないのは無責任なので、自由にのびのびと育てたいです。

z