昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

星野仙一氏が「怒ったら俺より怖い」と評した男が激怒

「練習中、若手に長打狙いの指導を勝手にしていたことが、育成プログラム作成を主導した仁村徹氏の耳に入り、氏が激怒したのです。昨季まで二軍監督だった仁村氏は、今季から球団の実質ナンバー3の『編成統括』に就任。普段は温厚ですが、あの星野仙一氏が『怒ったら俺より怖い』と評したほど“瞬間湯沸かし器”の一面があり、監督もさすがに庇いきれなかったのが真相です」(前出・球団関係者)

現役時代の仁村氏 ©文藝春秋

 中村コーチはフロントに対し「何で俺が悪いんや!」と反発しているという。だが、今回の一件をメディアは掘り下げようとしない。

「立浪監督誕生はファン、球団、名古屋のメディアにとって待望だったため、みんな“立浪応援団”と化しています。中村コーチだって言い分はあるはずなのに、現場ではアンタッチャブル扱いで、むしろ『打撃陣にテコ入れが必要』『よく決断した』などと好意的に報じている。このままでは不本意な形で立場を追われた中村コーチが今オフ、電撃退団しても不思議ではない」(在名古屋テレビ局関係者)

 現役時代は起用法や年俸査定で揉めて、球団と喧嘩別れを繰り返してきた中村コーチ。同じ“ノリ”で決断しないよう祈りたい。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z